2009年08月11日

第24回「びびこむ」告知

第24回「びびこむ」を開催します。
4年目を迎える今回、好評とご愛顧に感謝してまたもや大学生登壇予定です。

今回のテーマは「ラーメン」です。

大衆食として広く親しまれているラーメン。

中国の食べ物というイメージを持たれている方もいらっしゃるかも知れませんが実は、日本の中華料理から発展してきたとされる立派な日本食なんです。

歴史を紐解くととても奥の深い不思議な食べ物、ラーメン。

今回はそんなラーメンの歴史や日本の偉大な発明品「インスタントラーメン」や「京都ラーメン」に焦点を当てて分かりやすくご紹介します。

【ゲストスピーカー】
同志社大学 北川洸


■びびこむ概要
第24回「びびこむ」
日時 2009年9月19日(土)(2時間程度)
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5階JSL教室
参加費 100円(ドリンク代)

参加人数制限は原則先着順で「20名」程度。


参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。
http://vivi-com.jp/m/3.html
表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2009年08月03日

社会起業支援サミット2009in京都

〜京都での社会起業支援サミットのご案内〜

社会起業家を知っていますか??

社会の課題を、自ら率先しビジネスというツールを用いて解決に導こうとしている方々です。

社会起業の長所は、収益性や効果を真剣に考えるビジネスの観点があるからこそ、問題解決に向かって無駄がない事業が展開出来るという点にあります。

慈善だけのボランティアでもなく、利益追求だけのビジネスでもない、
新しい社会貢献の形。それが社会起業です。

社会起業をされた方々の想いを聞いてください。熱いものを感じるはずです。社会起業家にはそれぞれの社会に対する理想があり、その実現に本気だからです。それこそが人生を豊かにし、社会を豊かにする根源だと私は思います。皆さま方にも、その気持ちを感じていただき、アクションを起していってほしいと願っております。

だから私たちは、「きっかけの場」をご用意致します。
それが社会起業支援サミットです。

京都府内の医療、福祉、農業、子育てなど様々な分野で活躍する社会起業10団体が集まる貴重な機会です。

是非、会場にお越しください!!あなたのご参加心よりお待ちしております。

以下詳細になります↓
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
8月9日(日)開催!!
 ◆社会起業支援サミット2009 in 京都◆【感じるから行動へ】   
★主催:社会起業支援サミット2009in京都 実行委員会
★後援:京都府、京都市、KSEN
 ★参加費:無料
■イベント概要■
●8月9日(日)13:00開場 13:30開始 17:00終了
終了後、登壇された方との交流会(“テイクアクションミーテ
ィング”あり)
●龍谷大学 セミナーハウスともいき荘
京都市上京区室町通下長者町通下ル近衛町38
(地下鉄丸太町駅からおよそ5分)
※龍谷大学のキャンパス内ではありません。
 ●タイムスケジュール
13:30 1、基調講演
     株式会社カスタネット 植木力 様   
  14:00 2、社会起業10団体によるプレゼンテ―ション
17:00 3、フリータイム
  17:30 4、take actionミーティング(交流会)
     1時間ほどの予定(各団体による)
 ■ゲスト団体様(予定順)■
プレゼンをしていただく社会起業家の方々をご紹介します。
1、!-style (福祉)
障がいのある人たちの仕事力を発信
http://www.ex-style.jp/index.html
2、場とつながりラボhome's vi
個人・組織・地域のアクションを生む場づくり
http://www.homes-vi.com/index.html
3、オフィス・ブルーバード
“病気と生きる”を楽しくする
http://profile.ameba.jp/sakura-y/
4、里山ねっと・あやべ
綾部市の魅力を活かしたオンリーワンの町づくり
http://www.satoyama.gr.jp/
5、子育ては親育て みのりのもり劇場
親も子も成長する子育てを支援
http://minorinomori.com/
6、地域環境デザイン研究所ecotone
無駄をなくす、リユース食器の貸出
http://www.ecotone.jp/
7、CuLiCa【キュリカ】
.妊娠期から産後一年間を“見守り続けるケア”
http://culica.jp/
8、託児・託老 Green
利用しやすい育児・介護サービスの提供
http://www.kitekitegreen.com/
9、株式会社 旅のお手伝い楽楽
バリアフリーに誰もが気軽にお出かけ出来る社会づくり
http://www.tabi-raku.com/
10、株式会社マイファーム
自分で作り、自分で食べる、“自産自消”の社会づくり
http://www.myfarm.co.jp/contents/outline.html
※当日事情によって、予定が変更する場合もございます。ご了承ください。
※参加のご予約が必要です。詳しくは下記にて。

 ■社会起業支援サミット2009について ■
この「社会起業支援サミット2009」は、社会起業の認知拡大を目指し、全国35都道府県で7月から8月にかけて順次開催されます。詳しくは、http://www.cccjp.org/まで。

 ■申込(参加予約)方法■
●定員がございますので、お早めにお申込ください●
参加ご予約
★パソコンの場合
社会起業支援サミットin京都のブログ
http://ccc-kyoto.seesaa.net/からどうぞ!
もしくは、
http://www.cccjp.org/
 ↓
http://www.cccjp.org/reservation/
 ↓
http://www.cccjp.org/reservation/entry.php
★携帯電話からも承ります。
【名前】【年代】【性別】【所属(学校名・会社名】
【連絡先(電話番号・メールアドレス)】
を明記のうえ、ccc_kyoto@yahoo.co.jp
まで直接メールをお送りください
※注意事項
メール一通で複数人お申込の場合、お一人ずつの情報をお送り
ください。

●8/8(土)には社会起業支援サミットin大阪がございます。
大阪の方にも是非足をお運びくださいませ。詳しくは、http://cccsosaka2009.web.fc2.com/
にてご覧ください。

●イベント詳細、内容のお問い合わせにつきましては、下記Email
アドレス・電話番号にご連絡ください。


■お問い合わせ■

社会起業支援サミット2009in京都 実行委員会
代表 石口哲平(立命館大学文学部4回生)
Email: ccc_kyoto@yahoo.co.jp
Web: http://ccc-kyoto.seesaa.net/
Tel:070-5441-9382(担当:松浦)
posted by 奥田圭太 at 08:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

映画『ハゲタカ』試写会&トークイベント

映画『ハゲタカ』試写会&トークイベント

5月27日(水)16:30〜20:30

◎入場料
学生、他大学の学生、一般すべて無料
先着850名 要整理券

◎内容
リーマンショックを契機に、世界的な金融危機、景気後退、雇用不安が世界中に拡大しています。このようなめまぐるしい環境の変化の中、これからの世の中はどうなっていき、どのように働けば良いのだろうか。第一部では、6月に控えた劇場公開に先駆けて、経済エンターテイメント映画「ハゲタカ」を上映します。第二部では、映画を題材に代表学生&経済系の教授&映画関係者を交えたトークイベントを通して、「今の世の中と若者のこれから」を熱く語り合います。

◎プログラム
16:30〜17:00 開場
17:00〜19:15 第一部  試写会上映
19:30〜20:30 第二部  スペシャルゲストを交えたトークイベント

◎会場 同志社大学 寒梅館ハーディーホール

※整理券について
ハゲタカ会として、『学生限定』200枚発行します。
お求めの方は代表者名と枚数を明記の上 doshisha.hagetaka@gmail.comまでご連絡してください。
枚数に限りがありますので、お早めにご連絡ください。

主催:同志社大学ハゲタカ会 doshisha.hagetaka@gmail.com
共催:今出川校地学生支援課 075−251−3270
協力:東宝/博報堂DYメディアパートナーズ/映画『ハゲタカ』製作委員会/
協力団体:同志社大学ベンチャートレイン/アイセック同志社大学委員会/アイセック京都大学委員会/ACT
posted by 奥田圭太 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

新幹線の中で今月ダイジェスト

新幹線で移動中です。前の席の子供があっちゃこっちゃ移動してはデジカメで車窓の風景を写真に収めています。

この土日は人間が腐ったように微動だにせず過ごしました。炬燵虫で清原のDVDを観たり、ぐだぐだゲームしたり。思えば、それまで今月の土日はずっと予定があったものです。卒業記念「びびこむ」で泣きそうになったり、年に1度クラスの素晴らしいお芝居に出会ったり、全く忘れていた美術館に初めて気分で出かけたり、落語の会に出席したり。そういえば、その落語の会(→告知はコチラ)では、司会だと聞いていたら完全に前説が役回りで、初めての落語でカタイお客さんが多い会場をテレビ局のADばりに(←完全イメージです)盛り上げようとはりきったりしました。桂紅雀さんと少し京都オフィスでお話しする機会をいただいたのですが、真摯な姿勢に学ぶことも多く、枝雀師匠の思い出話にも感動しました。その後もお知り合いのお芝居を観て演出論を唱えてみたり。楽しいけれど休みなしの日々でした。

平日には多くの学生さんからお呼び出しをいただきました。例年このシーズンは嬉しくも寂しいお呼び出しをたくさんいただくのですが、今年は特に多いようです。このことは3年間やってきた「びびこむ」学生支援という名の後輩継承応援の集大成のように思います。「お世話になりました」は非常に寂しい言葉です。「THE END」て言われているようで天邪鬼には堪えます。嬉しさは照れ、寂しさは本気の日々です。

バリュークリエイトグループ合宿もしました。京都・大阪・東京のメンバー総勢14名が大阪に一堂に会して、グループワークと自己紹介、交流を深める場として成功だったように思います。京都オフィス自己紹介飲み会(→理由はコチラ)も無事開催しました。微妙な距離感の中で一つのテーブルを囲み、酒を酌み交わす光景は、唯一全員を知っている私には外野から見るには面白いものでした。これで京都オフィスで鉢合わせしても居心地の悪さはなくなるでしょう。会すると言えば、念願の紹介もできました。これは私個人の喜びでしかないのですが、ずっとずっと温めていたご紹介をようやく実現しました。これで東京・名古屋・京都大阪の提携・絆が深まったと確信しています。

書いてみると詰め込みまくった3月。今月は出会いと別れ。それらは全て可能性への小さな一歩たち。勝手に可能性だけを信じてワクワクしています。
posted by 奥田圭太 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

桜許すマジ

朝起きるとバリュークリエイトが運営するサイトが全て閲覧できなくなっていました。原因は全くの不明。朝からバタバタと情報収集とファイルの確認作業に追われました。

レンタルサーバーをサクラ(sakura)に移行したのが2007年12月のこと(→そのときの模様はコチラ)です。その頃から運営するサイトやドメインも少しずつ増えていきました。

そして、今日の出来事です。サーバーのメンテナンスかと思えば、サーバーや管理画面にはアクセスできます。メールも正常に動いています。ただ、ただ、マルチドメインによるインターネットブラウザだけがうまくいかないのです。ドメイン設定もフォルダ内のファイルもいじった覚えはありません。必死でファイルを見直したり、各種設定をもう一度やり直してもうまくいがず、ついにサポートデスクに電話をしました。

電話口の女性の指示に従って管理画面から各種設定をもう一度やり直します。それでも直らない。そして「サーバー(サクラ)の問題ではなく、ファイル(バリュークリエイト)の問題です。」と言い切られてしまいました。しかし、納得がいきません。昨晩は正常で、ファイル(バリュークリエイト)は何もいじっていないのに、朝には異常事態です。その間にバリュークリエイト以外のものが介在した以外、理屈的にはありえません。食い下がって説明を求めた結果、やっと今一度調べてくれることに。そこで出た結論が「サクラのメンテナンス」です。

(1)メンテナンスが行われたという情報はどこにもない。
(2)メンテナンスの結果、どういうことが発生するのかが検証されていない。

実際はメンテナンスは行われていたのです。行われていないという説明は嘘だった上に、行われているならいるで事前に告知されるはずなのにされていなかったのです。更に、そのメンテナンスの結果、顧客の設定に不具合が生じるという可能性を考えていなかったのです。

ものすごく簡単なことでした。昨晩にサーバメンテナンスが入り、OSのバージョンアップがされた。その結果、設定によっては認識できないものが生まれるようになった。バリュークリエイトのこれまでの設定がその認識できないものに含まれていたのです。バージョンアップなのに、できていたことができなくなったのです。

それは修正すればいいだけですから何の問題もありません。問題がわかれば解決できます。ですが、自分たちがやったことを認めない姿勢、以前にできたことができなくなるバージョン「アップ」、そしてそれを顧客に伝えず顧客に不具合が発生しても気にしないその神経、そこが納得いかないのです。少なくとも顧客は自分で設定を修正しなければいけませんでいた。企業様によってはこの機会損失の間にとんでもない損失が生じたところもあるかもしれません。そういうことを想像できないのは驚きです。

バリュークリエイト運営サイトをご覧の方々には大変ご迷惑をおかけしました。一つを除いて11:50に復旧し、先ほど最後の一つも復旧いたしました。
posted by 奥田圭太 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。