2009年10月30日

ドキュメント

今年に入って書類作成をすることが急に増えました。各所への申請書類を代行で書いたり、官公庁への入札書類を頼まれて作ったり、説明資料・報告資料をまとめあげたり・・・。

書類作成の仕事は個人的にはあまり好きではありません。言葉で伝えるというときに文字よりも言霊に頼りがちな私は、文字情報は薄っぺらい、聞いてくれたら答えますから、と言い訳のように念仏を唱えては避けておりました。実際、書類というものには作るために作られるものも少なくなく、形式的な儀式に陥りがちなことも一方であります。それもまた私にとって都合のいい言い訳ですが(笑)

そんな私が書類作成を依頼されたり、第三者への説明が必要なことから書類を作ったりと連日パソコンに向かって資料を作る日々が一時続いておりました。

そんなことをしているうちに書類作成の仕事が急激に増えております。それは仕事なのかと言われれば「否」だったのですが、最近はそれも「仕事」になりつつあります。以前は誰もやらないからと頼まれて仕方なしに受けることも多かったのですが、最近は私に作って欲しいという頼まれ方に変わってきました。

単純に「速い」というのが一番の理由です。クライアントが思うよりもかなり早い段階で私は書類を提出しているようです。本人に自覚はありませんが、文章を作るのが速いこともありますし、それを書類に落とす作業も速いということのようです。

その次が「説明が要らない」という理由のようです。提出先と目的を伝えるだけで詳細は言わなくても作ってくれるという安心感があるようです。確かに書類完成までほとんど打ち合わせはありません。依頼されてすぐに形を作り、教えてもらうことを箇条書きにして提出します。それが返答されれば、文章が作成され、形に落とし込まれて完成です。

書類も他者に伝達する手段の一つです。そこにはもちろん熱も必要ですし、プロセスも重要です。話して伝えるときも文字にして伝えるときも、伝え方は違えど、相手と目的に合わせて思考回路を追っていくことには変わりがありません。

好き嫌いと得手不得手が必ずしも一致するとは限らないようです。自己評価、嫌い=不得手、他者評価、得手。わからないものです。

来月からは書類作成のボリュームが一気に減ることを祈りながら・・・。
posted by 奥田圭太 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

「観○光」EXPO2009

本日より清水寺で世界遺産を舞台にした大型アートイベント「観○光(かんひかり)」EXPO2009が開催されています。事務局長として関わらしていただいて波乱万丈でしたが、多くの方の支援で開催にこぎつけました。

詳細は
チラシ表面
チラシ表.jpg
チラシ裏面
チラシ裏.jpg

■博覧会 第1回 2009年秋 序破急その一【序】 
■公式HP   http://www.kan-hikari.org/
■開催日程    2009年10/27(火)〜11/5(日)
■会場 A会場:清水寺 経堂10/27(火)〜11/5(木)
    B会場:二条城 二之丸御殿台所 11/6(金)〜11/15(日)
       ※会場は通常非公開です。
        ※展示無料。二条城への入城料600円のみ。
■主催「観○光」実行委員会■共催 京都市
■後援 文化庁、観光庁、京都府、京都商工会議所、社団法人京都市観光協会 、財団法人京都文化交流コンベンションビューロー、京都 「知恵と力の博覧会」、京都新聞社、日本経済新聞社京都支社、朝日新聞社、読売新聞社、毎日新聞社、KBS京都、エフエム京都 (掲載順不同)
■参加アーティスト19名
http://www.kan-hikari.org/artist/
絵画 磯部茂樹 中堀慎治 榎俊幸 間島秀徳 ミズテツオ 大沼憲昭 藤井勘圿 西嶋豊彦
木工芸・造形 富田文隆
染織 麻田脩二
染織デザイン 米原新三
写真 鈴鹿芳康
映像 中谷日出 林ケイタ
プロダクトデザイン 梶本博司
建築 ジェフリー・ムーサス
表装 麻殖生素子
漫画 しりあがり寿
海外招聘アーティスト アンドッシュ・プローデル(在仏)  

秋の澄み渡る空、葉も色づき始めました。観光にももってこいの京都の素晴らしいシーズンの開幕です。観光ついででけっこうですので、気軽についで感覚でお立ち寄りくだされば幸いです。

おかげさまで続々と各新聞媒体・雑誌媒体・Web媒体から取材をいただいております。
すでに掲載されているのが
Hanako West.com、Studio Voice、ぴあ関西版、ぴあNet、月刊美術、烏丸経済新聞、関西一週間、DigiStyle京都、紙毛新聞、FM京都 10月26日(月)「Kyoto Air Lounge」(DJ林智美)内で18:40頃。そして今日、地元京都新聞にも掲載されました。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102600169&genre=J1&area=K00
昨日は朝日新聞の取材を受けたり、明日はThe kyotoの取材も入っております。

JR主要各駅にも大きなポスターが張り出されておりますのでそちらもあわせてご覧ください。

弊社PRチームがよく頑張ってくれた成果です。まさかこれだけの媒体の方に掲載していただけるとは思ってもいませんでした。手前味噌ですが、PRチームやるな!ありがとう!
posted by 奥田圭太 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

「だから、答えを教えてください」

最近よく耳にする言葉です。後輩や就職活動生の口から出る言葉や行動からそういった姿勢をしみじみと感じます。すぐ答えにたどり着きたいんだろうな、考える時間がないんだろうな、と痛々しくも感じます。

算数や知識のように一問一答形式で唯一無二の答えにたどり着けるものを教えることは簡単です。答えが複数あるものや一概に答えは決められないものであっても、主観を交えてで良いのであれば、教えることは簡単です。

だからこそ、教えるかどうかの判断基準を大切にしています。それはその言葉を口にした人間の姿勢です。ただ答えが欲しいだけであったり、考える過程を放棄したい人間には教えようとは思いません。自分なりの答えにたどり着いた人間が確認のために聞いてくるものには教えます。「自分としては考えた結果こうだと思うんですけど合ってますか?(どう思いますか?)」。主体者が自分になっているかです。

教えられた答えはすぐに忘れます。ですが、導き出した答えは忘れません。

数学で公式をたくさん覚えさせられました。その公式に至る過程や公式の背景を理解していれば忘れませんが、単なる文字情報として覚えたものはすぐに忘れてしまいますし、また全く応用が利きません。

大切なのは答えを知ることではなく、答えにたどり着くまでの紆余曲折の中でその問題が自分のものになることです。

セミナー講師などをやったりしていると、きっかけ作りでは不満の声が多く聞かれます。映画でもわかりやすい結末でないとわからない映画だったとなります。答えが欲しくて足を運んでいる人があまりにも多いのです。答えは、きっかけとなるセミナーやそういったもののあとの「自分自身の行動」の中にあるのです。

わかりやすい答え(How to、テクニック)だけを教えてもらって、その瞬間だけモチベーションが上るけど翌日には何も実践されてないといったことをよくよく目にします。それは他人の答えがゴールになっていて自分の答えになっていないからでしょう。

教えられた答えがあるならば、その背景やプロセスを理解し、自分でも導き出せる答えにしよう。きっかけをもらったならばそれを自分に照らして考え悩み、自分の答えを導き出そう。

答えは「あなたの答え」なのです。
posted by 奥田圭太 at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

京都で交流会が立ち上がります

今まさに興味が集中しているテーマで男女ともに参加可能です。その後の交流会も予定されていますので、異業種交流会・様々な人脈作りにお役立てください。

第一回 京都の勉強・交流会〜Up To You〜

テーマ:婚活とキャリア〜幸せな結婚とは?〜講師 :PiF 恋愛予備校 代表 板東登根子さん

・結婚は就職と並び、人生における一大イベントです。
 現在でも男性が仕事、女性が家事+パートという形のカップルは多く、女性は結婚後に仕事を辞めている人が多いように思われます。
 女性は結婚に対してどのように考えているのか、男性にどんなことを求めているのか、そして本当に幸せな結婚とはどのようなものなのか、人気婚活アドバイザーを講師にお迎えして、ヒントを探ります。

開催日 10月16日(金)
開催地 オフィスワン四条烏丸 13階会議室
http://venturedreamoffice.com/access/
定員 30名程度
参加費 1000円
(懇親会参加希望の方は別途3000円〜4000円を懇親会時に頂きます。)

プログラム
18時30分〜 受付開始
19時00分〜 勉強会開始
20時30分〜 勉強会終了
勉強会終了後、希望者は懇親会へ。
勉強会のテーマを話のネタに交流を楽しんでください。
なお、懇親会は22時30分で一度終了させていただきます。

参加希望の方は
info@outroad.net
に「名前」「年齢」「懇親会参加・不参加」をご記入いただき、事前にご予約ください。

2009年10月01日

第24回「びびこむ」議事録

第24回「びびこむ」も無事終了しました。

今回のテーマは「ラーメン」です。

少人数でした。それでも終始、登壇側と参加者側のコミュニケーションが活発な会となり、迫力ある会になりました。テーマが身近なものだけあって、登壇者の質問に参加者側もどんどん意見を言うのですが、思っていたより当たらない。知っているようで知らないことが多いので目からうろこにトリビア満載。インスタントラーメン発明記念館は行っとかなきゃですね。


過去の議事録も整理したので是非。
http://vivi-com.jp/m/5.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。