2005年11月03日

幻の生チョコレート

一度お会いしただけですが、私のことをとても大切に扱ってくださった「営業の天才」と言える方がブログの感想として「京都の土地柄ならでは」「いいなーーー」というお言葉をくださいました。そんなわけで「京都ならではの」というカテゴリを作っちゃいました。

で、今回のテーマは幻の生チョコレートです。

京都にすごい生チョコレートを出すカフェがあります。
生チョコレートは3種あり、お持ち帰りも可能です。
私はこのお店が大好きで、お邪魔してはゆっくりして、
帰りには生チョコレートを購入して帰ります。

なにがすごいって

マスターは有名なショコラティエ
オーガニックへのあくなき探求
お水にもとことんこだわってます
(お店に入るとまずお水を勧められます)
食器類にもとことんこだわってます
奥様は外国の方
なかなかやんちゃなお子さんもたまにいます
お店は完全な民家
畳でゆっくりカフェを楽しめます
庭も楽しめます
まさに隠れ家な感じ
ケーキセットは800円とリーズナブル
オーガニックなお昼ごはんもあります

そのこだわりとやさしさと雰囲気がすごいです。
畳の部屋でゆっくりしながら庭を眺めながら
ほっこりと静かな時間が過ごせます。
私が必ず注文するケーキセットですが、
なんとサービスに幻の生チョコがついてきます。
このサービスはいつまでも続けて欲しいな〜

幻の生チョコレートはマスターの完全手作りで
そんなにたくさんはできないんだそうです。
なのでお店の名前と場所はあえて書きません。
注文殺到しても大変だと思うので。
私の分がなくなっちゃうと困るので(笑)
どうしてもとおっしゃられる方は・・・

ちなみにお勧めの食べ方は
「舌にのせてそのまま静かに口を閉じる」だけ。
じわ〜とぬくもりの中で溶けていきます。
思い出すだけで、その格好をするだけで
私は唾液が出てくるのを感じます(笑)



posted by 奥田圭太 at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

愛すべきマスター

京都祇園のバーにすごいじいちゃんがいます。
カウンター8席だけの会員制バーのマスターです。
私はこの方が大好きで、可愛がっていただいております。

なにがすごいって

昭和9年生まれの71歳
祇園に店出して40年
まさに祇園の生き字引
81歳までは現役バーテンダーでいる気満々
カクテルにはとてつもなくこだわる
 (瓶が温まるとお酒に良くないから綺麗に見せるための
  照明とかは許さない。なんでもシェイクすればいいわけ
  ではない。この銘柄しかダメ。などなど)
体脂肪率12%台
月水金はスポーツジム
火木土は映画館
日は歌舞伎を通しで鑑賞
若い芸妓さんにときめいてます(笑)
狂言のお稽古もされてます

その気力体力・人徳・歴史、本当にすごいです。
そんなわけでたくさんのすごい方々がこの店のファンです。
ちょっとお付き合いさせていただいただけでも納得・大納得です。

私からの40周年祝いを飾ってくださってます。私、それが感涙です。
posted by 奥田圭太 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。