2008年08月13日

こんな経験でも役に立つ

後輩くんの紹介を通じて、ある映画監督の方とお会いしました。

この方は海外でずっと活動をされていて、このたび日本で本格長編映画を計画されています。国内よりも海外の評価が先に立っておられ、海外の企業からは本作への出資が決まっておられるようです。

そんな中、ご縁を頂いたのは「日本企業のスポンサー探しが難しい」と壁を感じておられて、映画国内スポンサー探し活動経験がある私に率直な意見をお求めになったからです。

確かに映画「はんなり」で国内企業を相手にスポンサー集めをやっていたことがあります。そこでは海外のプロダクションだったこともあるのでしょうが、それ以上に日本企業の映画に対する考え方や日本企業の協賛や広告に対する考え方が原因であろう多くの苦労や特質がありました。

海外での活動のお話を聞くにつれて、ますます国内の活動と海外の活動の差異に確信を持ちました。日本の企業活動にはやはり日本的といっていいのかは別として特有のものがあります。

私は映画に関して言えばただのファンであり、決して映画産業のプロではありません。むしろ映画産業について言えば、この映画監督さんやスポンサーとなる外資企業の方のほうが間違いなくお詳しく、足元にも及びません。

それでも日本企業を見てきた目という意味では私にもお役に立てるところがあるようです。勝手なことをたくさん申し上げさせていただきましたが、実際の経験というのは何らかのお役には立てたのではないかと思います。そして、これからも何らかの形で応援していけるように感じます。

それにしてもこの監督さんの経験談をたくさんお聞きして、お渡しした以上にたくさんのものを得させていただくことができました。やっぱり映画は面白い。

posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

メモリ→紹介→プレゼン→水戸

水戸に到着しました。新幹線・山手線・特急を乗り継いで水戸駅到着です。〆て5時間の移動です。道中はパソコンでデータ整備をしていたのですが酔いました・・・。

パソコンは極めて快調です。今朝、512MBだったメモリを1G増設して1.5Gにしてもらったのですが、明らかに体感速度が上っています。誰の目にも明らかなソフトウェア上の処理能力向上です。金額も1万円未満と安いのでどうして今まで増設しなかったのかと反省しています。ご検討中の方は絶対に増設することをおススメします。

その後は弊社含めて4社の会合で取引先紹介を完遂し、ついにチャレンジスタッフ3号の勝負です。私、NYの立ち会う中でプレゼン開始、見事アライアンス一発OKを勝ち得ました。

これで彼の事業は、他社様にシステムインフラと成功事例ノウハウの提供を受けながら事業開始する認可を受けました。初期投資含めてバリュークリエイトとして全面支援するだけでなく、バリュークリエイトの事業として本気で取り組んでいきます。

これでご一緒に何か事業をしようとおっしゃってくださっていたY様と手取り足取りWINWINの関係で事業を開始し、チャレンジスタッフには全てのインフラを整えた最高の環境でチャレンジする機会を与えられる、更には多くの人の活性化に役立つ社会的に必要なものを手がけることが出来る、あげくにNYまで巻き込んでしまう、全てが一度に叶った最高の気分です。

そして温かい心を抱えて、3号は実家に帰省し、私は水戸へと旅立ったのでした。
posted by 奥田圭太 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

金銭的価値にかわってくる

今まで自分がやっていることは、価値はあると確信していても金銭的価値が表現できませんでした。それがバリュークリエイトが見積もりを提出できない一つの理由でもありました。

また、ある人には「奥田さんはいつもボランティアみたいなものだから」と金銭への転換がゆるいとのご指摘もいただいていました。「NPOを株式会社で堂々としてやる」と宣言し、自分が社会的価値があると信じるものを貫き通せば金銭はついてくるとここまで歩みを進めてきました。

その「ついてくる」を可視化する可能性を示してくれる人に縁あって出会いました。今、その方と一つの企画を東京と関西をつないでさせていただいています。大ベテランの方で様々な経験をされてきたのでしょう、マーケット感覚をしっかりとお持ちです。

その方にお会いできて、一緒に一つのものに取り組ませていただいて一番嬉しいのは、若輩者の私が今まで積み上げてきたことを正当に評価してくださることです。それが私の確信に大いなる自信を与えてくださいます。

さらに、一緒にやっていく中で金銭的感覚も提供してくださいます。自分がやっていること、現状できるようになったことがどれほどの金銭価値があるのか、東京のマーケットではどういう評価がされるのかを率直に教えてくださり、またそれを実現しようとご協力してくださいます。

価値を信じて積み上げてきて本当に良かったと思います。そして、この方を得たことで、それに正当な金銭がついてくる確信が持てました。これから長いお付き合いが出来ることを信じています。出来る限りこの方から学び吸収し、この方に還元したいと思います。
posted by 奥田圭太 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

熱射病になりそうな話

昨日は月に一度の同年代が集まる会でフットサルが開催され、参戦してきました。

折りしも外温は35℃どころか体温を超えるような暑さに、開催時間はそれが直撃する15時。屋外でのフットサル、誰もが死を覚悟するようなうだるような暑さに一人また一人と集まる友人たちは開催そのものを疑うほどでした。

ところが始まってしまえばプレイ時間よりも休憩時間のほうが長いとはいえ30歳を超える参加者たちも大盛り上がり。無事けが人もなく、子供をつれてきた友人も大満足。

私はといえば、第1セットで全力疾走を披露し、第1セット終わるや否やグロッキー状態で寝転がっていました。血がうまく回らない、頭はがんがんする、お昼に食べたカレーは吐きそうになる、と情けないことこの上なしでした。

フットサル終了後は参加者全員で銭湯へ。夕方の銭湯にもかかわらず非常に混んでいて驚きました。水風呂大人気の中、全員が気持ちよく汗を流して、そのまま飲み会に移動。

汗を流すのは本当に気持ちがいいものです。ですが、水分補給や太陽の強い光への対策、休憩は必須です。調子に乗りすぎず、自分と相談しながら楽しみましょう。野外ロックフェス前の良い教訓です(笑)
posted by 奥田圭太 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

思っていた以上にたまっていた・・・

18日(金)の夕方にパソコンが返ってきて以来、必死でいろいろなものを作成しています。自分が出来る作業とスケジュール感もこれで設定できるため、いろいろな人とゆるめで進めていた話も一気に加速させます。

そんな三連休なのですが、少し焦っています。予想以上にたまっていたことを実感しています。掃けども掃けども、次から次へと残っているものや、一つ掃いたせいでやりたくなったものがやってきます。パソコンがなかった反動がこんなにも大きいものかと、苦しみとやりがいに溢れています。

特に明日22日提出の大きな資料があったこともあって、東京とやり取りをしながら作りこみと依頼を継続しています。多くの人が関わるにもかかわらず一同に会すことが出来ない物理的な壁と戦いながら、それを取り除くことに貢献するITに感謝しています。

22日提出分は昨日の夜まで格闘した結果、何より東京の方々のサポートのおかげで落ち着きました。あとは停滞していたものを走らせるだけです。
posted by 奥田圭太 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

チームとチームとチームと

この二日間で3つのチームに会いました。

ひとつはドリームシンパシーのインターン生3名です。このブログで紹介して(募集要項→コチラ)集まってくれた方々です。面接合格者の顔合わせと食事会に私も同席してきました。これから3人で1つのチームとしてECサイトの企画提案、実際の運営へと進んでいきます。食事中も学生たちで詳細の確認と打ち合わせを能動的に行っていました。

2つめは、大阪チームです。私が「夏にチームを組む宣言」をしていた(→コチラ)のですが、そのチームです。総勢10名程度のうちの大阪チームです。翌日には3つめとして、そのうちの京都チームにも会いました。この2つが1つのチームを組んで最強のチームを作りたいと思います。そのための企画にもみんなが強い関心を示してくれているので、早速動き出しています。正式には8月からですが、すでにみんな動き出しています。そして8月までの動きが、8月以降の彼らの動きを楽にするかどうかを決定付けます。

ようやくチームの外殻が出来てきました。8月に入ったら濃い研修をしっかりと実施して、強いチームの中身作りをする予定です。そのまま夏休みを突っ走ってくれれば、企画の成功はもちろん、個々人の一皮向けた姿、何よりもチームメンバー相互間の強い信頼関係が生まれることでしょう。

全員に会って確信しています。個々は十分にポテンシャルはあります。気合も十分に伝わってきています。ですが、「まだまだ」であることも事実です。

できることを手を抜かずきっちりとやる。できないのならばどうすればできるか考える。自分ひとりでやらない。チームの最高のパフォーマンスに自分が何が出来るかを考える。約束を守る。

そんな単純なことの積み重ねだけが信頼関係を作ります。失うは易し。作るのに近道はなし。彼らが毎日毎日積み重ねていくもの、それを見守っていきたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【業務連絡】パソコンが返ってきました

本日夕方、無事に復活してパソコンが返ってきました。そもそもの背景はコチラをご覧ください→コチラ

カスタマーセンターには液晶バックライトとは言われながらも納得がいかないおかしな症状。そんなこともあってKさんにいろいろと相談しながらの修理となってけっこう時間がかかってしまいました。そして、最終結論として、バックライトではありませんでした。

直接の原因として考えられるのはなんと!コチラをご覧ください→コチラ

つまり、後遺症です。あれほど「TypeGすげ〜」と語ったその後遺症だと考えられるのです。詳細は、そのときの反動か後遺症でマザーボードの線が一本やられてしまったのです。

せっかくなので破損箇所も含めて全て修理していただきました。幸いにしてデータも全てそのまま返ってきました。完全復活です。

これでメールにデータ添付も出来るし(笑)、どこにいてもメール確認できるし、お供君がいれば楽楽スイスイです。止まっていた仕事も一気に片付けましょう。作っていなかったドキュメントもどんどん作りましょう。IDパスがなくては入れなかった数々のものにもアクセスして必要なものをどんどん引っ張り出して加工しましょう。大変長らくお待たせしました。

・・・細々とブログも復活させます。まもなく1000エントリーです。禁断症状もあったのでバックデイトでがすがす書くかもしれません。

まずは・・・できなかった仕事を三連休で一気に掃く!!
posted by 奥田圭太 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

平日に休みを取る

久し振りに完璧なお休みを取りました。誰とも会わず、パソコンがないのでオンラインのやり取りもなく、携帯もほとんど触らず。

偶然Bが京都にやってきていたこともあって昼食を一緒にしました。それくらいです。

家でぼーっとして、あまりに退屈なのでオフィスに来て一人ぼーっとして、たまに仕事に関係ないネットサーフィンをオフィス設置のパソコンでして。そのままお芝居を観に行って終わりです。

このところキャパシティを超えるほどの量を抱えていて、ちょっと前にはつながりが見えなくなったりして(→コチラ)、休みも取れないくらい物理的に何でもかんでも突っ込んでいたら、パソコンが突然故障(→コチラ)。それが天がくれた合図だったかもしれないのに、それを逆手にとってアナログ活動を詰め込みまくって気づいたら心身ぐったり。週に1度は必ず休むという、とても大切で初歩的なことを忘れていました。

今日は完璧な休み。電車はいつもよりゆったり感じて、周りの景色を楽しむのは久し振り。目的地到着後は初めて歩く土地の風景を味わいながらゆっくりと散歩をしました。とても暑くて汗もたくさんかきましたが、そのあと食べた今年初かき氷は今まで味を忘れていたのかというくらいしっかりと味がして、とてもおいしいものを食べた贅沢な気分にしてくれました。

きっといろいろなものをじっくり味わうことを忘れていたのだと思います。

このブログで何度も書いていますが、休むということはとても大切なことです。身体を休めるということももちろんありますし、物事と一度距離を置くということもとても意味あることです。
posted by 奥田圭太 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

P-1審査員とやら

この日、京都みやこめっせで「みん就フォーラム」というものが開催されました。大手企業を中心とした10数社がブースを出して、企業説明・就活説明・インターンシップ説明をするもので500名くらいが来場する大きなイベントだったのですが、その前座とも言うべき「現役大学生プレゼンテーション大会(P-1)」が開催され、審査員として参加してきました。

個人でも団体でも参加可能なプレゼンテーション大会。総勢20組以上が審査員と参加学生100名程度が見つめる前でプレゼンを行いました。1組2分、途切れることなく怒涛のプレゼンタイムの連続。

関西の元気で自信のある学生が集まっただけあって、皆さん堂々としていました。会ったことのある学生さんも多くて戸惑いましたが、公平には判断できたと思います。

1時間ほどの大会だったのですが、審査していてどっと疲れました。プレゼンする人たちがものすごく気合が入っていたことと、そのスピード感に圧倒され、終わりのほうは「みんな頑張ったでええやん」状態になっていて、もはや誰が誰やら自信なしでした。その場でどんどん点数をつけていく形ではなく、終わってからセレクトする形だと危なかったと思います。

突然お招きいただいた審査員という役割だったのですが、元気な学生さんが見られるというのはこちらにも元気が降ってくるのでありがたいことです。

その後、本編の「みん就フォーラム」も途中まで参加していたのですが、7月というこの時期にすでに就職活動を意識して積極的に動き回り話を真剣に聞く学生の多さに驚きました。

就職活動がどんどん早期化しているのか、はたまた意識の高いと言われる学生さんは昔からこんなに早くから活動していたのか。そのへんはよくわからないのですが、自分から情報を取りに行くその姿勢は最後まで大切にして欲しいと思います。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

ヒントはそこかしこに転がっている

定期的にお会いする大学の教授様がおられます。この日はその方と半日を過ごしました。夕方から大学内で打ち合わせをし、それからカフェに行って、最後は食堂で夕食をともにしました。

この先生は、民間企業で働いたのちに大学の職に就かれています。ビジネスへの関心も高く、民間企業にも惜しみなく自分のアイデアや経験、さらには研究・理論を開示してくださいます。直接関係のない話でも、そこには知恵が詰まっているので、ヒントの宝庫です。この日も弊社クライアント先の新規事業の相談で行ったのですが、驚くほどのヒント、いやそれ以上に解がそこに転がっていました。形だけだった事業に、明確な差別化と実態がそこに加わったように思います。あとはそれをクライアント先が当事者意識を持って、ひとつひとつやっていくかどうかだけです。

そのあとは、二人きりで食事に行くことになりました。実は前回お会いしたときに私が先生に無理矢理連れて行って欲しいとお願いしたところに連れて行ってもらうために私がせがんだのです。

先生は私の話をいつも興味津々で聞いてくださり、本当に面白そうな顔をされます。「面白い人にはどんどん教えたい」と先生お勧めのお店をたくさん教えてもらい、カフェ3件の場所確認(1件お茶する)に念願の食堂にもご案内いただきました。

そのうち改めてご紹介しますが「自給農法」という珍しい農法を推進されている食堂です。素材がとてもおいしく、京大の近くということもあっていろいろな人に進められそうです。ご主人も「自分の言葉」で語られる、実感がこもった説得力のある持論をお持ちで、話を聞くだけでも楽しかったです。

さて、それはさておき、この日は先生の本音をたくさん聞けました。何故そこまで民間に開示的なのかもよくわかりました。そこには熱い思いがしっかりとありました。先生は常に当事者意識を持って真剣です。そして、とても楽しんでおられます。

なによりも強い味方を得た気分で、高揚感と満足感を持った夜を過ごせました。「年下の壁」というものを支えてくださる方がこれで二人となり、両面からサポートいただけるのは本当に心強いことです。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。