2008年01月06日

私は社長ではない

私のことを「社長」と呼ぶ人はとても少ないです。事務的に必要なときに社長をつける人はいますが私に向かって社長と呼ぶ人は極々稀な存在です。それは私が社長と呼ばないように言っていたり、私自身がまだまだ社長にふさわしくなかったりするからだと思います。

ご存知の方も多いですし、このブログにも書いている(→コチラ)のですが、バリュークリエイトという在り得ない会社の設立登記事務手続きを私がやったのでご褒美として私が代表取締役の肩書きを頂戴しているだけです。ですから広義では社長なのですが、狭義では起業家でもなければ社長でもないのです。あくまでも理念の環境(箱)を作っただけで、それを会社と呼ぶのならば、会社を作ったというだけで起業したわけでも経営しているわけでもないのです。

会社を設立して様々な環境の人と接する中で、個人事業主・起業家・社長・経営者は厳密には全く違うものだという感覚に至っています。起業と起社も区別されるように思います。それらは段階を踏むことは可能ですが、明らかに違うということを分かっていなければならないものです。

では、自分自身はどうなのか。私はその狭義の区別ができていない段階では、まだまだ社長ではないが社長にはなりたい(→コチラ)あるいはならなければならないと思っていました。それが現在の感覚に至ったとき、自分はバリュークリエイトという会社の広義の社長という身分で、狭義にはどういう役割を果たすべきかが大切であると確信しています。そこでは狭義の社長になりたいという結論はありません。

30歳というまもなく迎える節目の意味をそこに置いています。私は社長ではありません。おそらく社長になりたいわけでもありません。私がなりたいものは、バリュークリエイトという理念の環境をHOMEと考える仲間の集まり中で、HOMEをどういった環境に創造・維持するのか、その役割を担う存在だと考えています。それが狭義で考えたときに、個人事業主なのか、起業家なのか、社長なのか、経営者なのか、はたまた別のものなのか、まだ結論は出ていません。

posted by 奥田圭太 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

髪が伸びるのが速い

「私は黒短髪である」ということは以前にも書きました(→コチラ)。それに加えて私の髪にはもう一つの特徴があります。タイトル通り、すぐに伸びるのです。このことは多くの人から指摘されていて自他共に認めるところとなっています。

カット直後に周りから次々と発せられる言葉は「思い切りましたね〜」「ボウズですか??」「なんかあったんですか??」です。それくらい短く刈り込みます。一方で、それが一週間も過ぎると「伸びるの速いですね」「だいぶ伸びましたね」「そろそろうっとうしいんちゃいますか、奥田さんの性格から言って」にまで急激に変化します。それくらいに一気に伸びてきます。

カットに行っても、いつも切ってくれる人から半分呆れなのか笑いながら「よく伸びましたね」「これ一ヶ月ですよね」といった話題が展開されます。自分自身でもそう思っていて、カット中にわっさわさ落ちていく黒髪を不思議な気持ちで眺めています。

私は黒短髪である。それは黒髪が好きで、髪の毛が耳にかかるとうっとうしいと思う私の性格が短髪を好んでいるだけで、短髪の人が好きというわけではありません。そして、そのせっかく刈り込んだ短髪もすぐに伸びてしまい、頻度高くカットに行かなくてはいけないのです。

ここ数日でものすごく多くの人から伸びてきた髪の毛のことをを指摘されたので、気分でエントリーしてみました。ちなみに前回のカットからちょうど2週間です。
posted by 奥田圭太 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

新幹線と手帳の大いなる関係

私にとって新幹線と手帳は切っても切れない関係にあります。

実は電車と手帳が切っても切れない関係にあるのですが、やはり新幹線と手帳のほうがとてもわかりやすく切っても切れない関係にあります。新幹線に乗るとまず手帳が気になりだすといいましょうか、スーツならば内ポケット、普段は鞄の中に入っている少し大きめの手帳が、ここぞとばかりに活躍するのです。

新幹線に乗ると手帳が真っ黒になるのです。

私の頭がほどよく回転するときというのは「まどろんでいるとき」です。つまり寝る前とか朝起きた直後がやたらと調子がいいということになります。新幹線とはまさにそんな時間を長時間持続させてくれる代物なのです。長時間なので寝ようかと思うがそこまで快適ではないので寝そうで寝られない状態でいろいろと考えをめぐらせる・・・そんな時間を提供してくれるのです。

そうなるとあれやこれやと思うことが溢れ出てきます。調子がいい状態ですから出てくるものもなかなかいいものです。やりたいこと、やるべきこと、忘れていたこと・・・そういったものが次々とそして整理されていく過程もそこに現れてきます。睡眠よりも気持ちがいいものです。

それを手帳に羅列する。ときにはそれを使って手帳でまとめものをし始める。あるいは文章を書いてみる。もちろんブログのネタもあるので出張後は更新頻度が上ります。やることだらけで焦ったりするくらいの量が羅列させるのですが、量が明示されることで逆に心は落ち着くのです。

新幹線から降りてその一つ一つに手をつけ始める。手帳に書いていたものがひとつひとつ塗りつぶされていく。手帳がただただ黒くなっていく。そのとき、物事は加速的に動き始めています。
posted by 奥田圭太 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

私はお金に無頓着である

だそうです。仲良くしている友人(社長)から言われました。

本人の自覚はそうでもありません。倹約をしているわけではないですが派手に使っているつもりもありません。財布の中身くらいはざっくりとどれくらいか分かっているつもりですし、どちらかというと物欲はないほうなので買い物はあまりしません。

そういう意味だけではないようです。

根本的な意味は「計算してお金を使わない」ということのようです。GIVE&TAKEや投資成果や費用対効果をあまりに気に留めていないということだそうです。「気持ちでお金を出している」ということが多いということでしょうか。

本人の自覚はそうでもありません。これでも事業をやっている人間なので費用対効果は意識しているつもりです。ずっと営業職をしてきた人間なのでGIVE&TAKEもよくよく分かっています。自分自身は「しっかり計算している」つもりでいます。事業の収益モデルもしっかりと考えています。

それでもバリュークリエイトでは明らかに私が一番お金に無頓着だと彼は断言します。

では、それを認める前提で。

「お金はあとからついてくる」とは自分でも不思議なくらい心から信じています。事業をやっている人間として収支はしっかり見ていますが、自分のお金は無形なものに気持ちで使うことのほうが多いのも確かです。自分のことをあとまわしにしてタダ仕事を引き受けてしまうことも少なくありません。個人としても仕事としても「お金はあとからついてくる」という確信は私を根底から支えています。

自分なりに解釈してみました。こういう意味であっていたでしょうか。確かにお金はたまらんな〜(笑)
posted by 奥田圭太 at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

40-86

これを聞いてピンとこられた方はおられるでしょうか。もちろん「−46」ということではありません。これは私の「ワイシャツのサイズ」です。

さらに、これが「ワイシャツのサイズ」だとわかった上で、この「40−86」というサイズを聞いて何か感じる人はおられるでしょうか。感じた方は、私と同じような悩みを抱えている人かワイシャツというかスーツ類に詳しいおしゃれな人でしょう。

私のサイズの商品はあまり売っていない。

私のワイシャツのサイズは「40−86」です。私の靴のサイズは、スニーカーで「28」、革靴で「27」です。手が長いのです、足がでかいのです。

私自身がファッションセンスがなくて選べない(→コチラ)というのもありますが、それ以前の問題として選択肢もほとんどないのです。

学生時代の思い出。すごく気に入った靴がありました。店員さんに「これの28をください」と言ったら「製造されていません」と即答です。置いていないのではなく、そもそも製造されていないのです。需要に対して製造しても割が合わないと思われているわけです。それ以来、靴を選ぶときはサイズを先に言って、あるやつを出してもらい、その中から選ぶようにしています。

ワイシャツでも同じです。よく陳列されているものにはほとんどありません。これまた製造されていないことも多いです。気になる方は百貨店やスーツショップに行って40−86を探してみてください。当たり前にあるようなお店があれば教えてください。多くの場合、あるものを出してもらって選ぶしかないのです。

最近は日本人も大きくなりました。それでもただ大きいのではなく、バランス悪く(?)大きい私には「合うサイズの商品があまり売っていない」のです。
posted by 奥田圭太 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

私はカタイ

私はとてもカタイです。それは頑固という意味もありますが、それ以上にお伝えしたいことは身体的硬さ、しかもそのすごさです。

その硬さは本当にすごいものがあります。
そして、その硬さというのはとても悪い意味です。

ずばり、上体前屈が全く成立していないのです。

身体が硬いといえば筋肉質であったりだとかいい意味でも使えます。しかし、私の場合は完全に悪い意味で、柔軟が全くできないのです。上体前屈で言えば、皆さん学生時代に簡単な測定器を使って+2とか−5とかあったと思います。私はおそらく、その測定器に届きません。測定不能です。もっとわかるように言えば、立った状態で前に体を倒していったとき・・・脛ぐらいまでしか指先が達しないのです。

これでも幼いときは格闘技をやっていて柔軟運動は得意でした。ぺったりと床に手がついていました。それが・・・。ジムに行ってストレッチを覚え、少し柔軟がましになった気もしていました。それが・・・。

身体が硬いことでいいことはありません。断言します。疲れやすいですし、怪我もしやすいですし、何よりも動きにくい気がします。

毎日ストレッチをすれば少しずつでも良くなるのでしょうか。そうおっしゃっていた方はたくさんおられます。誰かそのストレッチ、しかも簡単なやつを教えてください。誰もがひくくらい硬い私に。

正直・・・柔らかくなりたいです。

posted by 奥田圭太 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

私は変わらない

私は子供の頃から全然変わりません。といっても「顔」の話です。

私は中学から私立の学校に通っており、小学校の同級生(除く幼馴染・仲良し連中)とは小学校卒業以来成人式を除いてほとんど会ったことがありませんでした。今も一部の友達とは定期的に会ったりしますが、それ以外は地元にい続けているにもかかわらずほとんど会いません。小さな町「なのですが」会いません。みんなが他地域に出て行ったのでしょうか。

話は戻りまして。私は中学校に入ってから毎年10cmずつ伸びたので、小学校の頃とは別人のはずです。さすがに小学校卒業から15年以上を経ており、おじさんにもなりました(笑)

ですが
先日、小学校以来の友人に出くわしたときの話です。小さな町「なので」たまにこういう遭遇というものがあります。車を停めてまで友人のほうから声をかけてくれました。

「けいた!!すぐわかったわ。」

彼はそこから一人で話し続けます。私の頭の中はしばらく「???」なのです。「誰だ??」と。話しているうちに誰だかわかってきました。思わず「雰囲気変わったなあ」と言ってしまいました。返ってきた答えは「そら、大人になったし。でも、けいたはすぐわかるわ。」でした。彼曰く、私は顔も服装の感じも全く変わっていないというのです。背は大きくなったけれども、顔と雰囲気がそのままだというのです。

思い起こしてみると、私は小学校の同級生から発見されるとすぐに声をかけられます。しかもかなり確信を持って。普通「あ、あれ知ってるやつのような気がするけど・・・」とか「あの〜、もしかして○○小学校出身の誰々さんじゃないですか・・・」とか遠慮がちですよね。ですが、私の場合多くにおいて「けいた!!(大声)」か「けいちゃん!!(同じく大声)」です。

変わってないのか、と痛感します。

確かに今でもジーパンにTシャツです。髪型は黒短髪です。がりがりです。笑うとクシャッとなります。でも大人になったんですけど・・・。

私のビジュアルは全然成長がないようです。

大阪にて。
posted by 奥田圭太 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

私は速い

私を何かにつけて「速い」とよく言われます。

「早い」もありますが、それ以上に「速い」がよく言われます。とりわけよく言われるのが「歩くスピード」と「食べるスピード」です。

歩く速度はとても速いです。大股でどっかどっかと歩いていきます。昔から意識的にしていた時期があるので気づいてはいるのですが、本当に身体に染みついているんだと感じたのは最近のことです。ある後輩に「奥田さんにはすごい癖というか特徴があります」と大爆笑をされたのがきっかけです。その子は背の低い女の子なのですが、私が歩くたびにウケていたのです。最初はその子が遅いのだろうと笑い返していたのですが、確かに周りを見渡しても、私の歩く速度はずば抜けて速いようです。

速く歩くようになったきっかけは、小学生の時に通っていた塾のように思います。何故かその塾の子は歩くのが速かった。特に成績が優秀といわれる子ほど歩くのが速かったのです。それに気づいた私は格好をつけて塾の周辺だけは速く歩いていました。今思えば、成績優秀な子ほど忙しいというかせわしない生活を送っていたという少し切ない話のような気もします。

食べる速度はお昼だけはとても速いです。早食いはとても良くないと分かっているのですが、時間がなくて・・・と言い訳をしてかき込んでいるときが多いように自覚しています。

「さすが銀行員、食べるのが速い」と最近言われて、改めて自覚しました。ところで、銀行員は食べるのが速いのでしょうか。確かに前職の時のことを思い出すと、いわゆる外交に就いている人は速い人が多かったように思われます。時間がないから・・・とか考えるのですが、外交で外食(昼食)のときはむしろゆったり時間が取れる(昼休みなのでお客様のとこには行けないので1時間丸ごと動けない)ので急いで食べる必要もないような気がします。それでも何かに追われているのでしょうか。総じて、私の知っている範囲ですが、銀行員は食べるのが速いは的を射ているような気がします。

最近は「速い」を自覚的に用いるように心懸けています。

それこそ歩く速度が遅い人と歩くときはそちらに合わせるのが当たり前ですし、ゆっくり周りも観ながら歩くのも気持ちのいいことです。ゆっくり歩くと心もゆったりするような気もします。いつもいつも速く歩くのはやっぱり良くないと思うのです。

食べることについても同じです。早食いはあまりいいものではない。ゆっくり食べることで身体にもいいですし、料理も心をこめて味わえますし、気持ちもゆったりします。できるだけゆっくり食べられるときはゆっくり食べようと思います。
posted by 奥田圭太 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

私は好き嫌いがない

遊んでいると「何する?」「何が好き?」とよく聞かれます。
まあ、聞かれるのは私に限ったことではなく、みなさんそうですよね。
そんな時私は「なんでもいい」とほとんどの場合答えます。
私と付き合いの古い人はもう聞くのがアホらしくなっているくらいです。

そうです、とても優柔不断です。
しかし、その裏づけは本当に好き嫌いがないのです。

それは食べ物に限ったことではありません。物事についても、行動についても、人についても基本的に嫌いなものはありません。

一方で私は、好き嫌いが激しいとも思われがちです。
その裏にあるのは、好きなものに対する愛情が(時には差別が)ものすごいからです。オコチャマであるが故の感情表現の分かりやすさがあるからです。つまり、好きなものへの激しさが好き嫌いの激しさだと思われがちなのです。ですが、苦手なもの、嫌いなものはほとんどないため、そちらへの激しさは実は全然ないのです。

何度も書いていることですが、どんなもの(人)でもいい面と悪い面の両面を含んでいるのです。ですから、一面だけをもってみて嫌いになることは私には出来ないのです。ですが、これも以前に書いていることですが、ミーハーな私は好きなものに突っ走ったりしてしまうのです。

私は好き嫌いがない、というよりは、好きなものにはわかりやすくとことんで、嫌いなものは基本的にありません。

お食事(和・洋・中・その他)のお誘い、遊びやイベントへのお誘い、大歓迎です(笑)

※注意:納豆だけはダメです、ごめんなさい。食べたことがありません。もはやこれは好き嫌いではなく、意地です(笑)
posted by 奥田圭太 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

丸坊主禁止令

散髪に行きました。ようやっとです。
カットと言うように指導されているので言い直します(笑)
今日、ようやくカットに行けました。
そしてわかったことです。

私の頭は四角である。

だそうです。

以前にも書きました(→コチラ)が、私は黒短髪です。できれば丸坊主にしたいと常々言いまくっています。今日も坊主気分でした。そして「坊主な勢いで」とお願いして返ってきた言葉これです。

「けいたくんの頭は坊主にするのは難しいんだよ」

私が認識している自分の頭・髪の特徴は、「小さい」「直毛」「クセ毛があって寝癖でサリーちゃんのパパになるときがある」そして、自称丸顔だったのです。ところがどっこい、解説を聞くに
私の頭、特にクセ毛になっているサリーちゃんのパパになりやすい部分、すなわちてっぺん後部の両サイドが四角なんだそうです。そのため、丸坊主にすると四角が目立ってしまって変になるそうです。だからバリカン刈りは禁止です。それでも坊主に近くするには丸いシルエットをするために微妙に長さを調整して行っててっぺんを長めにするなどのかなり手間がかかるのだそうです。

・・・知りませんでした。

短く気持ちよく刈ってもらうのは、カットするほうも楽だと思っていました。まさかそんな高度な要求をしていたとは思いもしませんでした。単純だからこそ難しいということなのでしょう。

それでも今日は坊主に近くしてもらいました。つまり、上記のように丸いシルエットを作るべく、頑張っていただいたのでした。ああ、すっきり。
posted by 奥田圭太 at 21:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。