2008年08月10日

学生団体研修実施

土日の二日間で学生団体総勢9名の研修を行いました。研修の目的はこれからその学生団体がチームとして機能していくこと、対外的に取り組んでいくことにおいて、大いなるきっかけと明確な目的作りでした。

学生さんということでしたが、今回のチームは特別な意味があったので、思い切って社会人1年目などの研修に私が実際に取り入れているものを一部組み込みました。簡単に言うと「社会人と学生の根本的違い」です。それを体感して痛感してもらうことです。結局は至極シンプルな「思考回路」を意識してもらうことです。

簡単にご紹介がてらキーワードを列挙しておきます。

全体を決める。目的・目標(ゴール)なくして行動・手段なし。
できることはある。できることは必ずやる。できるところで手を抜かない。
視野を広げる。どの次元から見るかで実際にやっていることの価値が変わってくる。
目標は一つ。常にそこを意識し、そこに真っ直ぐ迷わず全力で走ること。
己を知る→相手を知る→己を伝える
感謝・自信・信頼

全て当たり前のことです。ですが、実際にやってみるとすごく難しい。ですが、意識してやり続けることでしか、当たり前にできるようにはならない事柄ばかりです。思考回路を意識し、訓練し、身体に癖付けるしかないのです。

こういったことやテストや体感ゲームを通じて、いかに自分ができると思っていたけどできないものか、を知ってもらいました。そして、それがいかに重要なことかも肌で感じてもらいました。

その後、皆さんでチームとしても目標・目的を具体的に掲げてもらい、それを実現するための具体的行動まで落としてもらいました。さらにその思考回路を癖付けるためのルール作りもしてもらいました。大切なことは「当たり前だと思っていても実はできないものである」という前提の下、難しいルールではなく、絶対にできるというものを文字に落として共有し、ひとつひとつできることを積み重ねていくということです。それが感謝・自信・信頼へとつながり、さらにできることのレベルが上っていくのです。

これは皆さんもやって見られることをおススメします。絶対に簡単にできると思うことを徹底してみてください。これが意外に難しくて苦戦するはずです。ですが、それが当たり前にできるようになったとき、いろいろなものが一気にできるようになります。

研修ご希望の団体様(企業・学生団体)がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

チャレンジスタッフ成長記録10

チャレンジスタッフ3号の事業にGOサインが出ました。この事業はかなりの初期投資とランニングコストが伴います。3号がこれに対してどう考え、どうEXITさせるのか。そのへんをきっちり計画した上でスタートさせたいと思っています。お金の問題というよりも彼が取り組む姿勢と覚悟の問題です。

この事業は私が東京でYさんからボールをいただき、そのボールをどうやって返そうかと考えて仮案があったものを、3号が別の価値あるものに昇華させました。その力が私を納得させ、ついには先日Yさんをも納得させてGOサインが出たものです。しっかりと温めて、きっちりと果実を育てていきたいのです。

さらにこれとは別に、対照的に金銭的にはノーリスクノーリターンな事業についても、Sと打ち合わせを行いました。

Sの鋭い指摘により、ベースとなるものをもう一度見つめなおさねばなりません。これはいつでもどんな形でも始められるものなので、徐々に準備だけ進めながら、ベースの部分である、3号が本当にやりたい形は何なのか、そして継続性を担保するものは何なのか、EXITは何のか、を3号が納得する形で決断したとき、正式に発表したいと思います。

3号3事業並行中。アホになってしまわないか心配しつつ、いい意味でアホになるチャンスだと期待しています。
posted by 奥田圭太 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

チャレンジスタッフ成長記録9

チャレンジスタッフ3号の勝負の日が迫っています。明日、とある上場企業の事業部長様にプレゼンすることになっているのです。

数日前、3号は自分の限界を認め、同い年であるY君(ドキュメント能力が高い昨年のバリュークリエイトインターン生)にパワーポイントを教わるべく、Y君の大学に足を運び、知識・技術面、そしてドキュメントについていろいろと学んできました。(個人的には企画の考え方という意味でY君にも勉強になっていることだろうと思います。)結果、まるで別物になった企画書を提出してくれました。あとは明日のプレゼンです。

1号が内側に積極的ならば3号は外側に極めて積極的です。別々の事業に取り組んでいるためまだまだ接点が少ないのですが、この二人の接点を意図的に増やして刺激しあって欲しいと思っています。

そんな3号から本日新しい事業提案がありました。金銭的にはノーリスクノーリターンですが、そこから生まれてくるものは少なくないと思っています。それは私とSが以前に取り組もうとしていたものの学生版で、非常に共感するものもあり、そのとき私とSがしようと考えていた理念と仕組みを加えてもらってGOしました。

3号が取り組む事業はこれで3つになります。ひとつは多くの仲間の動きで徐々に根拠づくりが出来てきました。ひとつは他社様の成功事例とインフラを活用した横展開なので、イメージは形になっています。そして最後の一つが彼自身の資産を活用するものです。

とはいえ、全て0→1の立ち上げです。どれも資産と成功事例はバリュークリエイトで用意してありますが、それでも立ち上げという推進力・加速力が要求されるものです。

自分でどんどん仕事を増やしていっています。果たして彼の体力はもつのか?全てに誰よりも興味と本気度を持ち続けることができるのか?隣で明日の大学のテスト勉強をしている3号を見て思わず突っ込んでしまいました。彼のチャレンジはまだまだ続きます。
posted by 奥田圭太 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

チャレンジスタッフ成長記録8

バリュークリエイトには「チャレンジスタッフ」というアルバイト制度があります。7月より新たに一人チャレンジスタッフがジョインしてくれています。

チャレンジスタッフ3号
大学生。実はけっこう古い付き合い。「お願いがあります。夏休みインターンさせてください」という突然の電話でインターンの予定だったのだが、実際に話し合った結果、一つの事業立ち上げをすることになりバリュークリエイトにジョイン。個の突破能力は極めて優れている。課題は周りを動かす力と他人を許容できる幅。

彼は大きく二つの事業に関わっています。その一つはチームのリーダーであり、もうひとつは今まで付き合ったことのない人とも関わっていかなければいけない新規事業です。企画と最低限の発射台までは予想を上回るペースで来ています。問題はここからです。ここまでは個の力でしたが、ここからは全体の推進力です。ここで止まるか、一皮向けるか、彼は岐路に立っています。

一方のチャレンジスタッフ1号。STOPしています(させました)。持ち前の本質を掴むセンスは健在で、最近は「物事は結局なんでも一緒なんですね」とまさに本質を述べるようになっています。そして、現状の問題全ては自分自身にあるとたどり着いています。だからこそ、自分がやりたかった「そもそも論」は何なのか、原点回帰するために全てを止めて自分に向き合っています。

がむしゃらにやってきたことである一定のことは成し遂げました。彼の我慢強さは結果を出しました。しかし、それはまだまだ小さな一歩です。その一歩を踏み出したのも、それまで我慢できてきたのも、もっともっと先に何かを見ていたからです。彼は今、それを思い出そうとしています、あるいはもう一度新たに設定しようとしています。彼が自分自身の本質にたどり着いたとき、きっと彼は化けます。それを静かに待っています。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

S君成長記録〜初心〜

S君という大学院生がいます。

彼は大学生のときビジコン実績で有名でした。そんな彼がある社長様を通じて私と出会い、予定していた会社設立を私にSTOPさせられました。そのときは納得いかなかったと思いますが、それでも先輩の言葉と彼は我慢し、起社せず個人事業主として実験的に事業を開始しました。そしてその意味が理解できたとき、彼は起社しました。彼は今、自分のお金で作った会社の社長です。私も認めている起業家の一人です。

彼は四六時中、事業のことを考えています。どうすれば会社がうまくいくのか、大きくなるのか、必死に考えています。ですが、必死であるが故に愚問にとりつかれたりします。私はそんなとき、彼を一蹴します。「それってお前以外の誰が喜ぶの?」と。彼は頭がいいので他人の言葉ですぐに理解できます。ですが、頑固でもあるので受け入れに戸惑ったりもします。

そんな私が一蹴した日の翌日であるこの日の昼、偶然彼に出くわしました。彼は私のところに走り寄ってきて言いました。

「奥田さん、昨日あれから、昔のお客さんに一人ひとり電話してみたんです。すごい喜んでくれはって。それがまたすごく嬉しくて。これだったんだって思い出しました。」

S君がやりたかったことです。

会社を作るとそれを大きくしたいと思うのは当然のことです。ですが、大きくするためには一歩一歩進んでいくしかありません。テクニックではなく実力で大きくなっていくしかないのです。そして、大きくなるためにではなく、自分が目指すもののために取り組んだ結果が大きさなのです。

私のところに走り寄ってきたS君の瞳は眩しいくらいに輝いていました。そして、照れた顔は赤らんでいました。やはり、彼はもう立派な起業家です。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

チャレンジスタッフ成長記録7

チャレンジスタッフ1号とY君は週に1度の会議をしています。(チャレンジスタッフとは→コチラ

私もできるだけ同席するようにしていますが、基本は二人で議論を交わしています。私は決定事項を報告してもらう係りで、その決定事項の詰めの甘さなどを質問・指摘して決定事項を確定させます。

二人にはパートナーシップを組んでもらい「びびかれ」に集中してもらっています。年齢も境遇も得意分野も全く違う二人。二人とも授業と実験でとても忙しく、ほぼ毎日学校に通っています。そんな二人の決め事が「週1の会議」と「タメ口」だそうです。あまりに違う二人が壁を取っ払うためであり、コミュニケーションを深めて真のパートナーになるためであるのが「タメ口」と「週1の会議」なのです。

あまりご存知の方はおられないかもしれませんが、そんな二人の奮闘と協力してくれる学生記者さんたちのおかげで「びびかれ」TOPはほぼ2日に1度の割合で新しい記事が更新されています。登録ブログ学生さんも加えれば毎日数時間ごとに新しい記事が更新される恐るべき更新頻度の高さを誇っています。

   大学情報モバイルサイト「びびかれ」 http://vivi-college.jp/

ようやくポータルサイトとしてのTOPページ(通称親サイト)は形になってきました。まだまだ二人のモチベーションに支えられている状態ですが、徐々に仕組み化の気配もあります。

これから二人は各大学のサイト(通称子サイト)の充実に着手するようです。そのための施策をいくつか考えていたので、あとは実行されるだけです。

これからどのように変わっていくのか。「びびかれ」の成長はまさに二人の成長です。私は毎日チェックしています。
posted by 奥田圭太 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

N君成長記録3〜店長〜

ついにN君がお店の店長になりました。彼が修行していた大阪寝屋川の「神代(ZINDAI)」系列が京都にお店を出したのですが、そこの店長兼料理長に就任したのです。

明日30日がOPENなのですが、昨日、前職の社長様とその仲間、身内でお披露目会がありました。私もメンバーに入れていただき、飲みに行って来ました。

夫婦二人で切り盛りです。一人で全て調理するにはやや広めで、けっこう大変そうでした。とはいえ、多くのメニュー全てを作れるようになっていることに新鮮な驚きを覚えました。そういえば彼が料理人修行に入って2年、人間頑張ればここまでなれるという事実が目の前にあるのです。

自由に注文していいとのことだったので、もちろん「えびのマヨネーズ和え」を注文しました。彼が私にはじめて作ってくれた料理です。あのときの真剣な表情、言葉も発せずひとつに集中する姿を今でも覚えています。で、今日はといえば、全然無視です(笑)他の調理と平行して気楽なもんです。あっという間に出てきました。

脱サラ→料理人修行入り→デビュー作品婚約→店長、彼は確実に階段を上っていっています。

京都三条の「居酒屋じんだい」いよいよ明日OPENです。お昼は定食で夜は居酒屋です。三条大橋すぐのローソン隣、タカセビルの地下一階。お店のレポはまた今度食べに行ったときにします。
posted by 奥田圭太 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

チャレンジスタッフ成長記録6

今日は大学情報モバイルサイト「びびかれ」のOPENから1ヶ月が経って、チャレンジスタッフ1号とY君(このサイトY君が複数いてややこしい・・・)から報告を受けました。

私にとって大切なことは報告ではなく、二人のメンタルな部分と思考回路の部分でした。つまり、やり逃げになっていないか、自分のサイトだという意識があるか、そして誰のためのサイトでサイトの大目的は何であるのか、そのためにいる自分は何なのか・・・、そういったことです。二人は京都オフィスに通う中で徐々にそういった思考回路が体の奥に植え付いてきているようで、大目的を得る満足感のために小さな己のわがままを排除していく意識がわかりつつあるようです。ちょっとしたヒントですんなりと腹落ちに至れるようになっています。

二人の報告はまだまだな部分が多く、私に頼る部分が少なくありません。それでも答えではなくヒントを与えれば、自分たちで自分たちの答えにたどり着こうという姿勢、大局を捉えなおそうという姿勢がはっきりと見えたことは大きな成長です。

パートナーシップから4ヶ月、ようやくチャレンジスタッフ1号とY君はお互いにとっていい関係になれたように思います。育ちも性格も得意なことも全く違いますが、お互いを見られるようになってきたようです。ただの助け合いからパートナーシップになってきました。

「びびかれ」は近日リニューアルします。それは1ヶ月運営してきた来訪者の声であり、一緒に関わってくれた仲間の声であり、何よりも運営する二人の覚悟です。

「びびかれ」はチャレンジスタッフ1号とY君の手で4月1日に生まれました。4月の1ヶ月間は他人の声にさらされながら、その二人に放置されました。一度完成してしまった(実際には完成ではなくスタートなのですが)ことで二人はびびかれとの距離を見失っていました。それでも二人は今一度びびかれを己の手に取り戻しました。そして、今度は自分たちのためにではなく、多くの人のために手に戻したのです。

「びびかれ」は近日リニューアルします。それはただのリニューアルではなく、まさしく本当の意味でのびびかれのスタートです。二人のこれからのスタートです。
posted by 奥田圭太 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

Y君成長記録とおまけにちょこっとチャレンジスタッフ成長記録5

昨夏に立命館大学アントレプレナー教育プログラムでインターンシップとしてバリュークリエイトに来ていたY君が、自身が代表を務める学生団体の新規企画のプレゼンにやってきてくれました。

企画書やプレゼンがどうこうというよりも、彼の根底の部分がどのように変化しどのように形作られたかがとても楽しみでした。バリュークリエイトに触れて肌で感じたものを彼はどういう形で吸収したのかが楽しみだったのです。

実は結果はわかっていました。それは最近のY君の動きを私は遠くながら感じていたからです。そこには誰かから言われたからだとか自分のためになるからだとかそんなことだけでなく、他人のために自然と体が動いている彼とその結果を知っていたからです。

今日お話をしたY君は明らかに他人を知っていました。企画も他人の視点が入っていましたし、他人の意見をしっかりと受け入れてコアな部分を変えずに柔軟に変化させようとしていました。自分の思い込みで一人で抱え込んでいた「まだまだ」な彼の姿はそこにはありませんでした。

彼は「やりたいことをやる」という言葉の本質を身体で少し覚えてきていると思います。それを実際にやり、形になるかはこれからです。企画は企画で終わっては何もありません。そこには行動があり、結果があるはずなのです。

Y君のインターン記録(2週間)
http://ameblo.jp/takechan-spiritz/entry-10047895113.html
「課題設定」と題した出会い(→コチラ)から始まって「インターン終了」と題して(→コチラ)継続的接触から離れました。そしてそれらのことを彼自身がブログを立ち上げ、まとめてくれました。

以下おまけ。

今回のY君の企画に対して、チャレンジスタッフ1号がキラーパスを出しました。それに向けて早速バリュークリエイトとしても動き出しています。これは1号が他人のことを自分のこととして咀嚼するようになった結果です。他人に支えられて、たくさんの刺激を受けて産出した「びびかれ」が彼に大きな変化を生み始めています。
posted by 奥田圭太 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

チャレンジスタッフ成長記録4

バリュークリエイトには「チャレンジスタッフ」というアルバイト制度があります。そのチャレンジスタッフ1号の新事業「びびかれ」ですが、4月1日に無事OPENしました。

大学情報モバイルサイト「びびかれ」http://vivi-college.jp/

ほぼ3ヶ月をかけて外部の方の助けも借りながら一心に取り組んでいました。それが形になって喜びもひとしおでしょうが、これは始まりです。彼の目指す姿になるかはこれからの毎日の積み重ねです。

そんな彼からOPEN直後4月1日2時14分、携帯にメールが入りました。その直前には「したいのでします」というメールがPCに届いていました。彼は夜中に必死で作業をし、事実としての成果を挙げたのです。

彼は「びびかれ」を通じて「大学生の交流」を実現したいと思っています。そのために掲示板に恐ろしいほどのこだわりを持っています。そこで交流されている姿が彼に喜びなのです。(大学生のみなさん、これを見たら「びびかれ」の掲示板に書き込みをお願いします。)

したいからします、その言葉を残して彼は必死で頑張りました。本気で頑張っていました。そうです、その本気だけが報われる唯一の方法です。

「掲示板書き込みありました!!!!!!!!!」

感情が飛び出したびっくりマークです。上記以上に私の携帯にはびっくりマークが並んでいます。彼の喜びは計り知れません。

掲示板だけでなく、その他の1号が考えた企画も見事にレスポンスがあり、初日から大学生からメールがたくさん来ています。初日とは思えない成果の数々です。

本気でやったから報われる。その喜び、初心を忘れずにこれからも本気で取り組み続けてほしいと思います。最初の書き込み、それは1号の全てのスタートであり、一生の思い出です。
posted by 奥田圭太 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。