2005年11月09日

就職活動2〜出会い編〜

リクルーターの方に誘われて、三和銀行本店(大阪)に2度目の訪問をしたときでした。そこでTさんと出会いました。(実名でいいか聞くの忘れたな〜)2001年3月も後半のことでした。当時は三和銀行と東海銀行の合同選考でUFJの一期生採用過程だったのです。

何度でも書きますが、私は銀行に就職する気は全くありませんでした。タイミングとして挫折いていたこと、銀行危機に興味があったこと、それだけで会いに行きました。

Tさんは、その日は東京に帰る予定だったのですが、時間繰りの関係で急遽私と会うことになりました。話の内容は「富山の薬売り」の話が印象に残っていますが、なによりもその人の持つエネルギーと物事に取り組む姿勢に感銘を受けました。また私の考えもきちんと否定せず受け入れ、そこに新しい視点を加えてくれました。

「この人とはようわからんけど一生どっかでつながるんちゃうやろか」

それからその人が紹介してくれる銀行の人に会いました。
もちろん映画関係の会社、その他の業界も平行してチャレンジしました。
ただ、就職先の見方は完全に変わりました。
企業を自分で選んでいる感覚が間違いなく湧き上がりました。選ぶ視点がまったく違うものになっていました。「映画」という唯一の言葉が消えていく音がしました。
挫折とTさんとの出会いが私の視野を一気に広げてくれたのです。

そんなTさんも今では銀行員ではないですが、また私とも異業種(起業という点では共通項があります)ですが、今でもちょくちょく情報交換しています。飲んでます(笑)そのうち一緒に仕事したいなあといろいろ連携し合ってます。(続く)
posted by 奥田圭太 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

就職活動1〜挫折編〜

就職活動シーズンになりましたので、学生さんたちのためにも自分の経験を少し残しておこうと思います。参考になれば幸いです。私は銀行時代には採用活動もやっておりました。両方の視点を持っているつもりです。学生さんからの相談メールは大歓迎です。何か感じてもらえたら最高です。

本日は11月7日。10月には主要就職サイトがOPENしています。自分を振り返ってみるに、私はこの時期は全く何も始めていませんでした。就職活動戦線ということを照らしてみると、私は限りなくスロースタートであったと言えます。

私の就職活動中に言っていたことはただひとつ「映画」でした。「映画を作りたい」「映画館を作りたい」それ以外に言葉を知らなかったとさえ言えます。「こだわり」を持つことは自分にとってとても重要だったのです。それが他社に対する優位性だと思っていたのです。

さて、就職活動が始まると、私のエントリー企業は自ずと「映画制作会社」「映画配給会社」「映画技術会社」と映画がつくものに限定されます。それなりに自信持っていた私はそれらの企業の選考に順調に合格していきます。今思えば最高の就職氷河期、順調に進めば進むほど自信はついていきます。
ここまで聞いていては「挫折」なんてものはありません。しかし、私は「最大の挫折」にぶち当たりました。それはなにか?

「冠は掲げても、どこも本当には作っていない」という真実です。たとえば東宝。あそこは不動産開発会社です。たとえば電通、博報堂。あそこは営業会社です。作っているのはほとんど子会社です。GAGA、あそこは流通会社です。映画は商品です。そういう真実が明らかになるにつれて・・・受ける企業がなくなってきました。

「自分のこだわりの稚拙さに気づいたのです」

イメージで就職活動を進めること、これほど危険で馬鹿らしいことはありません。それを就職活動後半になってようやく気づいたのです。

それからようやく様々な業種を回り始めました。具体的には当時私が頭打ちがそのうち来ると考えていた電話産業と銀行業です。もちろんそれ以外も回りましたが、興味ではこの二つがずば抜けています。逆に言うと興味だけで就職対象ではありませんでした。

学生の持っているイメージなど社会人になる過程では何の意味もないと言って過言ではないです。大手企業はいい、そんなことないです。中小企業のほうが裁量がもてます。賃金も大企業の方がいいというのは完全な神話に過ぎません。人気企業がいい、そんなことないです。ブランドイメージだけで中が腐っている企業は数限りないです。地道にいいものを輩出している企業はいくらでもあります。本当に作っている企業は・・・意外に名前は知られていない企業です。
そういった壁にようやくぶち当たったとき、私はある人に出会ってしまったのです。(続く)
posted by 奥田圭太 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。