2008年02月08日

第16回「びびこむ」終了のお知らせ

第16回「びびこむ」も無事終了しました。

今回のテーマは・・・『スーツ、ちゃんと着てますか??』でした。

初の学生正式登壇。今までも学生さんが前で話すことはよくあったのですが、今回はゲストスピーカー、先生役です。前回突然決まった企画に1ヶ月間よく勉強して挑んでくれた綿谷先生に拍手です。

suit01.JPG  suit02.JPG

テーマに合わせて参加者がみんなスーツです。初めての光景です。ディテールを一つ一つ見比べながら、そこにはそんな意味や由来があったのか、こんな種類があるのか、などを発見していっています。知らないことのほうが多かったので面白かったです。何人かが「明日スーツ買いに行きたいな」なんて発言していたのも面白かったです。

最後に、これに関して参加学生さんから告知もありました。
大学生が間違えたスーツ選びをしないためのサイトです。是非一度ご覧ください。
http://www.spt21.com/

なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

2008年01月23日

久々に教壇に立つ日も・・・

2月7日開催の第16回「びびこむ」なのですが正式申込が15名を超え、予定人数まであとわずかです。場合によっては人数制限で申込を締め切ることになるかもしれませんので、お申込みはお早めにお願いいたします。詳細は→コチラ

そんな「びびこむ」ですが、早くも17回のことを計画しています。実はずっとやろうと思って、ある学生さんが折衝中の企画があるのですが(Tちゃん頑張れ!!)それの日程が合わない場合は別企画が必要になります。

なんとなく、私も久々に前に立ってやりたいなあとも思っております。昨年10月以来全くアウトプットの機会がなかったので久々にやりたい気分なのです。

企画案は、金融用語を一切使わずに「赤字経営と黒字倒産はどうして成立するのか」をやった第2弾として、就職活動生の業界研究や社会人の一般教養で人気の「決算書からわかること」をこれまた金融用語を使わずに決算書がなんとなく読めるようになっちゃう、ってのをやりたいなと思っているのが一つ。もう一つが、結構質問されることも多いので時事ネタですが「サブプライムローンについて」をあーだこーどといろいろ話してみたり、あんだけ損失が出てなんで金融機関は潰れないんだ??てなことをやってみたいと思っています。

偶然にしてこのタイミングで海外投資に関して講師OKの人も現れていますので、このへんをひとつにして共同企画にしてしまうのも面白いかとも思っています。

あとは、就職活動性の人からニーズが高い「起業・就職」です。実は第1回のテーマだったのですが、人気があるので毎年やっています。起業家・大企業勤務・中小業勤務・ベンチャー勤務の社会人と各々を希望する社会人・学生のディスカッションで、イメージと実態のギャップを埋める企画です。

まだまだ未定なので、皆様のご希望があれば気軽にコメントやメールをいただけると嬉しいです。もちろん、「オレがこれやったる!!」も大歓迎です。

2008年01月16日

第16回「びびこむ」告知

第16回「びびこむ」を開催いたします。
※スーツ野郎歓迎!!学生歓迎!!もちろん女性も歓迎!!

今回のテーマは・・・『スーツ、ちゃんと着てますか??』です。

普段何気なく、仕事や就活で当たり前のように着ているスーツ。

時には商談・面接などの人生を左右する場で着用しているのに、スーツについて知らなかったら勿体無いと思いませんか?

スーツを、「着させられている」のと「着ている」のでは、自信の程も変わってきます。この機会に、スーツとは何なのか、スーツ着用時のポイント、スーツにまつわるウンチクなどを気楽に学んで、スーツを「主体的に着る」という意識を持ちましょう。

なお今回、参加者の皆様が着用しているスーツを互いに見比べたりしながら、スーツのディティールなども解説していくので、スーツをお持ちの方はできるだけスーツ着用の上でお越しくださいませ。

もちろん女性の方も歓迎です。女性からのご意見を是非お聞かせください。スーツ野郎どもの鑑賞会気分でどうぞ(笑)

スーツをお持ちでない方も歓迎です。成人式でスーツ買ったけど、大学受かってスーツ買う予定だけど、就職活動でスーツなんですけど・・・、そういった方々こそ勉強しに来てください。

【ゲストスピーカー】
立命館大学 経営学部 4回生 綿谷啓三

■びびこむ概要
第16回「びびこむ」
日時 2008年2月7日(木)20:00〜21:30
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)
【服装】スーツ(原則)
【持物】ハンカチ(胸元への挿し方を学びましょう)
参加人数制限は原則先着順で20名程度。
※いつもと違い少人数!!いつもと違い平日夜!!
 いつもと違い終了後飲み会あり!!

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。
http://www.vivi-com.mobi/3.html
表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2007年12月15日

第15回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」終了のお知らせ

第15回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」も無事終了しました。今回は会場が狭くかなりの密集で参加者の皆様にはご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫び申し上げます。密集のおかげで参加者の距離も近く白熱した点は良かったと思います。

今回は「暮らしと税〜オレらだって知らないうちに税金払ってんだこのやろ〜」というテーマで行いました。

税理士法人から専門家の方をお招きして、税金の目的とは何なのか、実際にはどんな税金があるのか、脱税・滞納の危険性、普段慣れ親しんでいる税金にもこんな特徴があったのか、知らないうちにこんな税金を取られていたのか、確定申告はした方がいいケースがかなりある・・・などかなり多くの発見がありました。税のからくりとは「気づかせない」なのだとつくづく思いました。知らないから二重課税問題が放置されていたり、申告しないで痛い目に遭うんですね。知らないでは済まされないわけです。

今回は初めての試みとしてテスト形式も所々に散りばめられていたので参加者の緊張感も程好く、楽しい会になりました。

次回は2月上旬に「スーツの話」を予定しております。就職活動にふさわしいスーツとは?パーティにふさわしいスーツとは?スーツにはどんな種類があるの?実際にみんなのスーツ姿をチェックして見ましょう、といった感じを考えております。男性陣はスーツ参加、もちろん女性陣も大歓迎。終了後は「びびこむ2周年記念懇親会」も計画しております。お楽しみに。

なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

2007年11月27日

第15回「びびこむ(京都発!!勉強会!!」告知

第15回「びびこむ」を開催いたします。

今回のテーマは「暮らしと税〜オレらだって知らないうちに税金払ってんだこのやろ〜」です。

皆さんは自分がどんな税金を払っているかご存知ですか?
あるいは払わなければいけないかご存知ですか?
学生もサラリーマンも個人事業主も起業家も、もちろん会社も・・・。
みんな絶対に払っています。

税金にはびっくりするくらいの種類があります。気づかないこともよくあります。納税は国民の義務です。なので、知らなかったでは済まされません。もしかしたらあなたも申告が必要かも!?もしかしたら税金が返ってくるかも!?

税金の基本中の基本に触れる中で、自分の生活と税金がいかに密接に関係しているか、生活が変われば税金がどういう風に代わるのか、どんな手続きが必要なのか、知っているのと知っていないのでは大きく差がつくこと満載です。

今回は税理士法人より専門家の方をお招きしてお届けします。是非ともご参加くださいませ。

【ゲストスピーカー】
税理士法人京都経営 株式会社京都経営コンサルティング
取締役 中見大督 様
http://www.kyotokeiei.com/

■びびこむ概要
第15回「びびこむ」
日時 2007年12月15日(土)
13:00〜 事前交流タイム
14:00〜 講座開始
15:30頃終了予定
→その後は自由に交流会
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)
参加人数制限は原則先着順で30名程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。こちらをクリックしてください(→コチラ)。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2007年11月24日

「びびこむ新聞」発行!!

京都発の勉強会、今や関西全域進出の勉強会「びびこむ」は昨日2007年11月23日(金・祝)「びびこむ新聞」を発行いたしました。

DSCF0901.JPG  DSCF0902.JPG

まずは昨日行われた「RTC VOL.28『ブログ限界論』関西会場」に参加された方々には配布されております。大急ぎで作ったため誤字脱字は多いのですが、ご容赦くださいませ。まだ残っておりますのでご関心のある方、記事内容が気になる方は「8階のスタバ」ことバリュークリエイト京都オフィスにお問い合わせくださいませ(TEL 075-344-2544)。こちらにコメントいただくか、私宛にメールしていただいてもけっこうです。何らかの方法でお渡しする方法を考えます。もちろん増刷はしませんので、なくなり次第終了です。

実はこれ、バリュークリエイトチャレンジスタッフ1号2号の成果第1号です。以前に書きました「午前3時までの格闘」や翌日も朝まで悪戦苦闘していた彼らのお手柄です。初めてのことだらけで遅々として進まない中、できることできないこと、物事の考える順序を身体で覚えていきました。
DSCF0840.JPG
上の写真はその作成過程です。ゴールを共有し、自分たちの整理・他者への伝達のために作成していたものです。そして自己成長と他者伝達の集大成として一つの形になったのです。

そんなわけでバリュークリエイト「チャレンジスタッフ」に関心のある方、彼らを応援してくださる方々にも是非見ていただきたいので、ご希望をお待ちしております。

「びびこむ新聞」は、社会・経済・スポーツ・文化の全てを取り上げております。定期発行はいたしません。第2弾第3弾と続くかは、またやってみたい思いはありますが、全くの未定です。「京都発!!勉強会!!」だったときの手拭いくらい限定のプレミアムになる可能性もあり。さて、どうなりますことやら・・・。

なお、第15回「びびこむ」が12月15日(土)開催に決まり、詳細も「びびこむ携帯サイト」にUPされています(→コチラ)。こちらでも近いうちに告知しますが、お申し込みはお早めに。
※びびこむ携帯サイト http://www.vivi-com.mobi/

2007年11月23日

RTCVol.28『ブログ限界論』(関西会場)出席

RTCカンファレンスVol.28『ブログ限界論』に関西は京都会場から参加しました。

今回は京都会場のコーディネイトをさせてもらいながらの参加となりました。東京会場で行われている模様をustreamを使って、双方の映像とマイク音声を送りあってスクリーンに映すということを初の試みでやってみました。反省点を挙げておくとすると、タイムラグがあって切り替えしやツッコミが難しく、どうしても講義を聴いているような雰囲気になってしまったことです。掛け合いとかができればもっと盛り上げることができたように思います。私が積極的にやるべきでした。京都会場の参加者の皆さんには熱が伝わりきらず失礼いたしました。

さて、本編の感想ですが。

さほど影響力があるブログをやっているわけではありませんが、ブログを2年以上続けてきた身として「ブログ限界論」の背景は自分なりに持っているつもりでした。私が思うのは、閲覧側として、ブログの数(スパムや被リンク用などなども含む)があまりに多くなりすぎて求めているものが見つかりにくくなり、探し出す喜びがなくなったということです。一般Webサイトでもすでに起こっていることがブログでも起こり始め飽和している感覚です。だんだん検索することが、意外な出会いという楽しみから、求めるものが探し出せない苦痛になったのです。個々のブログで面白いものの数は間違いなく増えているはずなのに辿り着けないもどかしさです。いつしか探すことを放棄し、老舗ばかりを定期的に見ていて、新しい出会いが生まれてこないのです。

そんなことを思っていた私にとって、今日のゲストスピーカーの方たちが話される内容は視点の違うところからやってきて、私の思いを解消する可能性と自らの行動も大切だということを気づかせてくださった素晴らしいものでした。

それは。つないでいくということの大切さです。必要なものは仕組みとしての整理整頓。つながりを整理する存在が必要だということです。編集者のような、というお言葉もありましたが、納得です。そしてもう一つが個々の取り組み。スパムサイトは通報するなどして減らしていく努力をみんながする、またいいブログがあればどんどん紹介していく。そうすることで、検索エンジンに頼らない、つながりによる新しい出会いやいいブログの地位をひっぱり上げることが可能になっていくというものです。

インターネット(もしくはブログ世界)を支えているものが必ずどこかに存在する。(無料で気軽にできるのはサーバ費用などをどこかが負担している。)ということを理解した上で。インターネットで何らかのメリットを得てきたのだとすればそれを還元することが大切である。

そういうことを強く感じました。私もブログをきっかけにして出会った方々も少なくありません。ブログの恩恵を無料で受けているブログ利用者の一人です。であれば、影響力は小さくとも、その恩恵を与えてくれた社会に還元するために、できることから始めたいと思います。それが社会を創っていくことだと思います。

一部の特定の人のものだったブログは誰もが参加できる社会にまで成長を遂げた。だから参加者たちのモラルと行動でいい社会にしていけばいいのだと思います。

2007年11月18日

第14回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」終了のお知らせ

第14回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」も無事終了しました。2006年2月から始まった「京都発!!勉強会!!」も「びびこむ」としてグレイドアップして2回目の会でしたが、無事終えることができてました。

今回は「男と女の心理学。異性の心が手に取るようにわかる?!」というテーマで行いました。

男性と女性の思考回路やプライベイトスペースの違い、目的の置くところの違いなどを事例をふんだんに交えて披露していきました。個人的に思い当たる節が多くて笑いが止まりませんでした。使える話(留意しなきゃやばい話)も満載で、即実践を決意した参加者さんも多かったようです。

今回の何よりの収穫は、講壇に立つSがびびこむを体現してくれたことです。Sは心理学の専門家ではありません。自分が興味持ったものを自分で掘り下げて、その興味を参加者の皆さんと共有したのです。心理学のきっかけを披露して、皆さんに興味のきっかけを提供したのです。びびこむでは視野を広げること、知識・知恵を共有すること、自分の価値を発見・披露することが大切だと思っています。なんだっていいのです、自分がこれと思ったものを披露してみんなの気づきにしていけばいいのです。自分に些細なことや当たり前のことでも周りには新鮮だったりするのです。相互交換の中で価値は生まれていくのです。

次回は12月15日(土)に第15回「びびこむ」を予定しております。テーマは税理士法人から専門家をお招きして「暮らしと税〜オレらだって知らないうちに税金払ってんだこのやろ〜」と銘打って開催いたします。皆さんは自分がどんな税金を払っているかご存知ですか?あるいは払わなければいけないかご存知ですか?税金のちょっとしたお話から生活に直結するものまで幅広くお届けいたします。皆様の参加をお待ちしております。今すぐ手帳をチェック!参加予約はお早めに。

なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

ついでに「出張講座受付中」と言っておきましょう。ご要望があれば皆さんがされている勉強会の場に出張いたします。お気軽にお問い合わせください。

2007年11月07日

第14回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」

第14回「びびこむ」開催desu。

京都発!勉強会!からリニューアルを果たした「びびこむ」の第2回目勉強会!

今回のテーマは・・・。

「男と女の心理学。異性の心が手に取るようにわかる?!」です。

仕事をしていると必ず感じる男と女の考え方の違い。
「なんでそんな風に女性は考えるかな〜・・・。」
「なんで男の人っていつもこうなのかしら・・・。」

そんな場面に遭遇したことはありませんか?
それは女性と男性では頭の中の思考回路が全く違うものだから感じる違和感なのです。そんな異性の思考回路を知ることで、職場や大学内サークルにおけるコミュニケーションの活性化が実現できるかもしれませんね。

もちろん職場だけはありません。女性とお付き合いしたいがうまく自分の気持ちを伝えられない男の子。逆に、男性に私の気持ちをどうしてもわかってもらいたい女性の方。そんな方でもきっとプラスに働く異性間のコミュニケーション術を、皆様に伝授しちゃいます。

注:この題材で研修をするのはSもはじめてなので、研修としての効果があるのかの実験台になってもらいます(笑)

1時間半程度で、あっというまに異性の気持ちが手に取るようにわかる!なんだか胡散臭い話ですが、しっかりと心理学に基づいたものですのでご心配なく。最後に変な商品を売りつけたりすることもございません!
是非是非ご参加下さい。

■第14回「びびこむ」概要

日時:2007年11月17日(土)
   13:00〜 交流会
   14:00〜 講座開始
   15:30頃 終了予定→その後自由に交流
 ※参加人数制限は、原則先着順で50名程度。

会場:京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F
   株式会社ジェイ・エス・エル教室

参加費:100円(ドリンク代)

参加希望者は、
コチラにコメント頂くか、奥田圭太@管理人までメール下さい。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。 

不明な点は奥田までご連絡くださ〜い。

2007年11月06日

RTCVol.28『ブログ限界論』(関西会場)

2005年より、情報感度の高いビジネスパーソンや学生が、IT・金融・経営・キャリアに関連するホットトピックスについてリアルタイムにディスカッションして思考を拡張し、新たなコンテクストを導き出して再発信していくことを目的として、毎月東京各地で開催され、人気を博してきたRTCカンファレンス

今回は『ブログ限界論』と題して、東京に東西のブロガーが集結して議論行います。さらになんと!初の試みとして東京と関西をライブ中継で結び、2つの地点から参加者がクロストークを繰り広げます。関西では京都のビジネス街のど真ん中「四条烏丸」よりライブ中継参戦いたします。是非、関西の方は京都四条烏丸に集結してくださいませ。

今回関西会場では私がナビゲートさせていただきます。京都発勉強会こと「びびこむ」とも連動させていいものにしていきますので、是非ともご参加くださいませ。

■RTCカンファレンスVol.28『ブログ限界論』(関西会場)
○日時: 2007年11月23日(金)14:00-16:30(13:30受付)
○場所: オフィスワン四条烏丸最上階セミナールーム(地下鉄「四条」阪急「烏丸」すぐ)
     京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
     オフィスワン四条烏丸ビル13階→地図
○料金: 無料
○申込方法: こちら申し込みフォームからお申込ください。→コチラ
○その他:
・筆記用具と名刺を1枚以上はご持参ください
・簡単なケーススタディとディスカッションの時間があります
・17:00〜19:00で懇親会を予定しています(参加自由)

以下、正式告知。

最近ブログつまらなくないですか?

2004年頃から社会的なムーブメントとなったブログ。極めて簡単に始められることからこれまでウェブに興味を持たなかった人々にも一気に広まり、個人が自らの意見や見解を表出できるメディアとして一時はマスメディアの存在を揺るがすほどの影響力を持つかのように喧伝されました。

実際に、例えばライブドアのニッポン放送問題が発生した折などは、マスメディアが語ることのできない専門知識や切り口でブロガーが事件を論じ、トラックバックでブログ間がつながり合うことで世論に大きな影響を与えるような事象も見られました。

しかしながら、魅力的な文章でアクセス数を集めたブログの書き手たちはいつしかその熱量を失い、牙を抜かれた獣のように「丸い」文章しか書かなくなって更新自体も止まってしまうような姿が散見されます。

また、時期を同じくしてトラックバックスパムや悪質商法を促すようなブログ、SEO対策だけのために自動生成されるブログなどが増加し、ブログ本来のリンク関係や個人発言の信頼性、おもしろさがどんどんと失われて行きました。こうして、いつのまにか日本のブログは「なんだかつまらない」ものに成り下がっているように見受けられます。

片や米国などに目を向けると、従来型メディアを凌駕する勢いでユーザーを集め続けるブログが多数存在し、ブログメディアを媒体とする広告市場なども日本の数百倍の規模にまで膨れ上がっています。この差はいったいどこにあるのでしょう。

今回のRTCカンファレンスでは、「国内最大のブログメディア」として多くの読者を集めているGIGAZINE(ギガジン)を運営する山崎恵人氏と、マスメディア出身者でありながらウェブ社会への深い見識を持ち、『フラット革命』などの著作を通じて個人メディアの威力を世間に伝えて続けているジャーナリストの佐々木俊尚氏、そして個人としてブログ投稿型ニュースサイトFPNを運営し、日本に(賛否ある)「アルファブロガー」という語を普及させた徳力基彦氏(AMN取締役)のお三方をゲストにお迎えして、『ブログはなぜつまらなくなったのか』、そして反対に『個人メディアがおもしろくなっていくには今何が必要なのか』を議論する時間にしたいと思います。


なお今回のRTCでは、ブログネットワークのAMNと連携してさまざまな新しい試みにチャレンジする予定です。

まず、今回のカンファレンスでは、東京と関西をライブ中継で結び、2つの地点の参加者間でクロストークを交わしながら進行します。また、関西から数名のブロガーの方々に東京まで足を運んでいただいて、直接議論に参加していただく予定です。(もう1名、関西からの招待ブロガー募集中です。お申し込みはこちら。)

この試みは、今回のイベントをスポンサー頂いた『トーキョー・ブックマーク・プロジェクト』のご協力を得ています。

さらに、そのトーキョーブックマークとRTCカンファレンスの連動で『FEELING A TOKYO』-みんなで決める"ド東京"プレイスという参加型で東京おすすめスポットをランキングするサイトも開設しました。カンファレンス当日には、この"ド東京"プレイスの中間発表もする予定ですので、RTCご参加のみなさんはまずは一つ好きなスポットに投票&コメントしてくださいね。

今回はほんとに試みだらけのてんこ盛りですが、当日はよろしくお願いします!

■RTCカンファレンスVol.28『ブログ限界論』(関西会場)
○日時: 2007年11月23日(金)14:00-16:30(13:30受付)
○場所: オフィスワン四条烏丸最上階セミナールーム(地下鉄「四条」阪急「烏丸」すぐ)
     京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
     オフィスワン四条烏丸ビル13階→地図
○料金: 無料
○申込方法: こちらの申し込みフォームからお申込ください。→コチラ
○その他:
・筆記用具と名刺を1枚以上はご持参ください
・簡単なケーススタディとディスカッションの時間があります
・17:00〜19:00で懇親会を予定しています(参加自由)

■ゲスト
●山崎恵人氏 (GIGAZINE運営)
「国内最大のブログ」と言われる「GIGAZINE」の運営人。GIGAZINEは2000年4月1日に開設された老舗ニュースサイトで、2006年4月にブログ形式に変更。2006年7月より編集部体制で記事を更新している。1ヶ月のページビューはRSSなど含めて約2568万、1ヶ月のユニークユーザー数は約908万。

●佐々木俊尚氏 (ジャーナリスト)
1961年兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科中退。毎日新聞社、アスキーを経て、フリージャーナリストとしてIT企業関連の取材、「ウェブ2.0」現象についての執筆を続ける。著書に「ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録」、「ライブドア資本論」、「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する」などがある。

●徳力基彦氏 (FPN運営、AMN取締役)
NTT、IT系コンサルティングファームを経て、2002年にアリエル・ネットワークに入社。並行して、ブログネットワークのアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。最新のネットツールや仕事術に関する複数の執筆・講演活動も行っている。「tokuriki.com」や「ワークスタイル・メモ」等の複数のブログを運営しており、著書に「デジタル・ワークスタイル」、「アルファブロガー」等がある。

今回もみなさまには無料でご参加いただけます。ブログやマイクロメディアの未来に興味のある方、お気軽にご参加ください。

↓"ド東京"プレイスの投票・コメントはこちら
『FEELING A TOKYO』-みんなで決める"ド東京"プレイス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。