2008年10月14日

第20回「びびこむ」告知

第20回「びびこむ」を開催します。

「自分のモチベーションを自由自在に操ろう!」

・自分のモチベーションの波に流されっ放しになっていませんか?
・ビジネスも、勉強も、恋愛だって、成果を上げる最大の要因はモチベーションといってもいいのではないでしょうか?
・それなのに、やる気が必要な時にでない・・・
・もう一頑張りができない・・・
その結果、成果があがならい。

今回の勉強会はそんな方々にこそお届けしたい内容です。

・自分のモチベーションを自由自在に操ろう!
・自分のやる気をコントロールするための考え方や知識、スキルを今回のびびこむではお伝えします。
※講義というより、参加型のワークも多くとりいれてますので、楽しく、それでいて多くのことを気づき学べる場になると思います。

【ゲストスピーカー】
ウィルソンラーニングワールドワイド株式会社
足立晋平(31歳)アカウントマネージャー
(研修実績)
ソリューションセールス基本研修
営業活動管理研修
目的意識の確立研修
営業力強化研修
新入社員研修
モチベーション向上研修
初〜中級マネジメント研修
など実績多数

■びびこむ概要
第20回「びびこむ」
日時  2008年11月8日(土)13:00〜(2時間程度)
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)

参加人数制限は原則先着順で「20名」程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。
http://vivi-com.jp/m/3.html
表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2008年08月22日

びびこむの講師をやろうという人が

京都発の勉強会&交流会「びびこむ」を開催できていないなと反省しながら、次は何をしようかなと思っていると、幸いにも複数の方から講師申し出をいただきました。

「びびこむ」は、固定の講師陣がいるわけではありません。参加者と講師の境界線がなく、あるときは講師になっていた人が参加者になり、もちろんその逆もあります。コミュニティに属する人が自分の強みや個性を他の人たちに伝播させ、きっかけを与えたり、知識・知恵を共有することが目的となっているからです。

ですから、関わる人たちの積極的なアウトプットがなければ企画もなく存続もないのです。

ですから、講師申し出ほどありがたいものはありません。これであと数ヶ月〜半年くらいは存続ができます(笑)

講師申し出をしていただいて、実際にお話を伺うのは私個人の勉強としても貴重な機会です。そういった世界があるのかとかこうしたら面白いんじゃないかといろいろとイメージするうちにどんどん楽しくなってきます。誰よりも早く情報に触れられる役得です。

現在待機中のものは「健康食品の功罪」「モチベーション研修」「ライフプランで遊びましょう」てなかんじです。お楽しみに!

びびこむ公式モバイルページ http://vivi-com.jp/m/

2008年07月24日

後輩とは・・・

本日、社会人1年目のS君から仕事上の問い合わせ電話がかかってきました。彼とは彼が学生のときにある企業様のインターンで知り合って、その後「びびこむ(京都発!!勉強会)」やいろいろな取り組みを一緒にやってきました。可愛い後輩からの電話というのは純粋に嬉しいものです。

私が京都を中心とした体験型勉強会&交流会「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」を個人で立ち上げた思いの一つは「後輩への継承」です。自分は多くの先輩に様々なことをしてもらってきた、それを先輩に返すのは難しいが、自分も先輩と同じように後輩にいろいろ伝えていこう、という単純な発想です。知識・知恵・金銭面、いろいろなことをしてもらった先輩への感謝を後輩へ連鎖させていくことがお返しだと得心したのです。

当時27歳だった私にとって後輩といえば、20代前半。自ずと対象は「大学生」になりました。その結果、大学生をメインターゲットに勉強会を企画・開催してきましたし、大学生の方々との接点も爆発的に増えました。「女性と学生が好き」な私は、自分と違う感覚を持った人との出会いに非常に満足しています。

その「びびこむ」も気づけば3年目、私も30歳に達しました。

可愛い後輩たちもたくさん社会に巣立っていきました。今や30歳の私にとって後輩といえば、20代中盤で、若手社会人となってきています。自ずと「びびこむ」の参加者も社会人比率が上ってきました。それは学生時代に参加してくれていた人たちであり、彼らが連れてくる若手社会人です。社会に出て「びびこむ」のような勉強会&交流会の重要性をより一層感じるようになったからに違いありません。

今度は彼らが先輩として、後輩である学生に還元していく番です。それが本当の意味での連鎖です。

彼らは私にとって可愛い後輩です。そんな彼らを見て「びびこむ」の存在に自信を持ててきています。だからこそ、今一度、学生さんにも参加しやすいものに変革していこうと強く決意しています。

2008年07月19日

第19回「びびこむ」終了のお知らせ

第19回「びびこむ」も無事終了しました。

今回は人気企画「世界の縮図ゲーム」でした。

経験者は解決不要、初験者はいつも通り戸惑いから興奮へ。今回はいつも以上にルールをシンプルかつ謎にしたために最初の15分の探りあい静寂はオペレーターとしては見ていて楽しかったです。

4チーム対抗だったのですが、それぞれのチームに個性が面白く出ました。それは条件と言うよりも経験者の比率にあったように思います。知りすぎていて逆にうまくいかなかったり、全く初心者で周りに目が行かなかったり、終わってからの振り返りがいつも以上に実のあるものになったと個人的に思っています。

もちろん世界経済のこともリアルにイメージし、そして疑似体験していただけました。ゲームとしても1時間40分ぶっ通しで疲れ知らず。活発に動き回る人、黙々と作業する人・・・それぞれがそれぞれのやり方で取り組めるのがこのゲームの良さです。

久し振りにやったのですが、このゲームはどんな形にも変化させられるので面白かったです。

次回は、現状未定です。最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

2008年06月30日

第19回「びびこむ」告知

第19回「びびこむ」を開催いたします。

今回のテーマは「世界の縮図ゲームVol.4」です。

「びびこむ」人気No.1企画です。ご要望にお応えして、ついに帰ってきました。He is back!です。ちょうど1年ぶりのリターンズです。

ずばりゲームです。初めての方、気軽に参加し始める絶好のチャンスです! 誰でも簡単に参加可能です。

ゲーム感覚でチームに分かれてワークショップに参加していただくだけで、経済の仕組みや世界のことを体感してもらいながら、コミュニケーションスキルが身についたりもします。 ゲーム(競争)としても単純に面白いので、騙されたと思って楽しみにきてください。

使用するものは、紙・鉛筆・定規・コンパス・はさみくらいです。 こちらで用意しますので皆さんにご用意いただく必要はありません。

※当日は様々な業界の社会人、様々な大学生が参加します。学生生活の充実にも、就職活動にも、起業にも役立つものが詰まっています。終了後はフリータイムも設けていますので気軽に相談したり、交流を深めたりしてください。

■びびこむ概要
第19回「びびこむ」
日時  2007年7月19日(土)
     12:30  集合&交流会
     13:00〜 ゲームのルール説明・チーム分け 
     13:15〜 ゲームスタート(2時間半程度)
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)

参加人数制限は原則先着順で「20名」程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。
http://www.vivi-com.mobi/3.html
表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

これまでの勉強会情報は→コチラ
http://vivi-com.jp/m/5.html
「世界の縮図ゲームVol.1」の様子は
http://white-base.seesaa.net/article/18476417.html
http://white-base.seesaa.net/article/18681149.html
「世界の縮図ゲームVol.2」の様子は
http://white-base.seesaa.net/article/29803610.html
http://white-base.seesaa.net/article/29849033.html
「世界の縮図ゲームVol.3」の様子は
http://white-base.seesaa.net/article/49336925.html

2008年06月07日

第18回「びびこむ」終了のお知らせ

第18回「びびこむ」も無事終了しました。

今回のテーマは「ネットワークビジネスの功罪」でした。

ネットワークビジネスの成り立ちとその歴史、そしてそれに関する法規制を交えながら、ネットワークビジネスのビジネスモデルを解析しました。さらに、ネットワークビジネスから派生した違法であるねずみ講や悪徳マルチ商法やピラミッド商法と合法ネットワークビジネスの違いをしっかりと比較しました。

特定の会社のネットワークビジネスをどうこう言うもののではなく、あくまでもその仕組みを読み解くもので、決してネットワークビジネスを奨励するものではありません。

参加者の多くは、自身が思っていた誤解や思い込みから解放されて、本当の姿を見る目をほんの少し手に入れたと思います。思いの外、皆さんがネットワークビジネスに前向きに傾きかけていたのが私としては驚きでしたが、新たな視点を手に入れたことは大切なことです。

私自身はやはり自身がプレーヤーとなる視点よりも、そのシステムを導入する企業側の視点から見てしまいます。そして、改めてネットワークビジネスというビジネスモデルの仕組みのうまさを知ることができました。やはり会社から見れば極めて効率的なビジネスモデルの一つです。何度聞いても「一番安く営業マンを雇う方法」と見えてきます。そして、そこにたどり着いたとき、根本的な歪み(持ち続ける大いなる矛盾・葛藤)も浮かび上がってきました。やはりビジネスモデル的優位性と根本的矛盾を孕んだものです。だから企業が取り入れるのですね。

結局は、違法なものはどんなものかをしっかり知識として身につけ決して騙されないこと、合法だとしても決して楽して儲かるものではなく、ひとつの働き方として自身が選択するかどうか、です。根本は働き方であり、企業で働くことと変わりません、だからこそ雇用の新しい形として捉えられているのです。

次回は、7月開催を目指して「世界の縮図ゲーム」を準備中です。8月には「健康補助食品の効用と注意」「口コミマーケティング」を検討中。お楽しみに。

なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

2008年05月24日

第18回「びびこむ」告知

第18回「びびこむ」を開催いたします。

今回のテーマは『ネットワークビジネスの功罪』です。

マルチ商法、ねずみ講・・・テレビや新聞を賑わす犯罪として皆さんも耳にしたことがあると思います。
明らかに胡散臭いと思われるその響きですが、ではなぜそれが流行ったのでしょう。
そして、ネットワークビジネスは合法だと言われたらあなたはどう思いますか?

果たしてネットワークビジネスとは何なのか?
そのビジネスモデルが提示する本来の目的とは何なのか?
ネットワークビジネス、マルチ商法、ねずみ講とは一体なんだったのか。

ネットワークビジネスのビジネスモデルを過去の歴史や仕組みから正しく理解して、
いいところも悪いところも踏まえてディスカッションをしてみましょう。

ネットワークビジネスは優れたビジネスモデルです。一方で、悪徳商法にもなりえるものです。
騙されないように、本当の仕組みを正しく知るために、世の中を知るために、奮ってご参加ください。

【ゲストスピーカー】
zestrinity 代表
西村 元伸
京都の中小企業に就職後、新規事業の立ち上げとして飲食店経営に従事。
その後「夢と情熱」を持って独立。
■びびこむ概要
第18回「びびこむ」
日時 2008年6月7日(土)13:00〜15:00
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)

参加人数制限は原則先着順で30名程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。
http://www.vivi-com.mobi/3.html
表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2008年03月30日

びびこむ参加者成長に思う

「びびこむ」という勉強会を「京都発!!勉強会!!」として立ち上げて早くも2年が過ぎ、昨日で開催回数も無事17回を数えました。3年目に入っても継続していく仕組みはできてきたと思います。

びびこむモバイルページ  http://vivi-com.jp/m/
びびこむとは       http://vivi-com.jp/m/2.html

「びびこむ」自身の成長も感じていますが、参加者の成長もまた感じています。ひとつはただの参加者だった人たちが徐々に受付を手伝ってくれたり、買い物に行ってくれたり、あるいは講師として名乗り出てくれたりと能動的に関わり始めてくれていることです。もうひとつは、2年という月日を経て、学生から社会人へと扉を開けるその姿をたくさん見れたことです。そして卒業ではなく、これからもそういう人たちが「びびこむ」を支えていってくれるということです。

この時期になるとそういう人に前で発表をしてもらいます。W君にいたっては第16回で講師にまでチャレンジしてもらいました(→コチラ)。ただ聞くだけだった参加者が少しずつ能動的になり、ついには前で一人で話せるようになる、その過程には感動を覚えます。Mさんも2年前に会ったときはとても人前で話せる雰囲気はなかったのですが、昨日は突然のフリにも見事動じず、立派にアピールしていました。昨年やってもらった社会人1年目の人たちについては、社会で活躍しているという話を本人からも人づてからも聞いています。大きく成長して、この「びびこむ」にまたその成長で得たものを注入してくれることでしょう。

2年という月日が経って見えてきたものがたくさんあります。とにかく継続することでしか見えなかったものの数々です。継続を支えてくれた全ての人に感謝しています。そして、この継続こそが「間違えていなかった」という安堵と「価値がある」という確信を与えてくれています。

2008年03月29日

第17回「びびこむ」終了のお知らせ

第17回「びびこむ」も無事終了しました。

今回のテーマは「コミュニケーション力入門/アクティブリスニング」でした。

今回はプロ!の研修とあって「さすが!!」という吐息が、前に立ってやったことのある私には第一番に来ました。いろいろと人前でしゃべる、全体に効果を届けるという点で勉強になりました。

さて、肝腎の内容ですが、これまた「さすが」です。グループワークを3つやったのですが、それぞれがステップになっていて、そのあとの解説がまた体験したあとの解説などに身体に沁み渡ります。「楽しくないと効果はない」と最初におっしゃったのがよくわかります。

「キク」には「聞く」と「聴く」の2種類があって、コミュニケーションには傾聴という「聴く」がとても大切であるという導入から、3つのグループワークを通じてその「聴く」とは何なのかを体感しました。結局は、言動というのは起因よりも帰結の影響が大きくて、やっぱりコミュニケーションには言葉以上に態度・姿勢や気持ちがとても大切だということです。それをどのように表現すればいいのか、そういうことを話す側の立場、聴く側の立場の両方で体感できたのでとても納得感がありました。非常に「効く」勉強会でした。

次回は、4月後半もしくはGW明け予定です。企画は「世界の縮図ゲーム」「旅行ゲーム」「ネットワークビジネスの功罪」「海外投資の是非」のいずれか、もしくは組み合わせた感じになる予定です。お楽しみに。

なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

2008年03月14日

第17回「びびこむ」告知

第17回「びびこむ」を開催いたします。

今回のテーマは『ズバリ、アクティブリスニング入門』です!

「どうも会話が続かない・・・苦手だ」
「イマイチ友達ができないなぁ・・・。」
「もしかして私ってKY?」
「私、どうも人に受け入れられていない?」
「どうすれば意中の彼に気にいられるの?」などなど。
人付き合いって、何だかむずかしい。そんな思いをされた事はありませんか?

結論から言いましょう。人から好かれるために必要なもの。
それはズバリ、聴く力です。

私たちは如何に話すかという教育は受けています。
しかし聴くということに対してどれだけ訓練を受けているでしょうか?

この機会に、聴く力を磨いてみませんか?

【ゲストスピーカー】
ウィルソンラーニングワールドワイド株式会社
中村 高晴(35歳) パフォーマンスコンサルタント
足立 晋平(30歳) アカウントマネージャー
(研修実績)
ソリューションセールス基本研修
営業活動管理研修
目的意識の確立研修
営業力強化研修
新入社員研修
モチベーション向上研修
初〜中級マネジメント研修
など実績多数

■びびこむ概要
第17回「びびこむ」
日時 2008年3月29日(土)13:00〜15:00
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)

参加人数制限は原則先着順で30名程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。
http://www.vivi-com.mobi/3.html
表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。