2008年05月08日

起業する人しない人3〜智の人・情の人〜

ある人は転職サイトに複数登録し、毎日のようにその転職サイトでいろいろな企業を調べては転職について知識を蓄えていっています。ある人は起業を考えていて、綿密な事業計画を考え、分厚い事業計画書を作ろうと毎日知識を駆使しています。

これらの人はまず転職したり起業をしたりをすることはありません。

知識を蓄え、知識を駆使していますが、転職も起業も新たな領域へ踏み出すものだとすれば、それら借りてきた知識では役に立ちません。どれも知識の積み上げで根拠がなく、別の視点を指摘すると大幅修正されたり断念されたりします。つまり、知っている範囲の限定された知識や知ったつもりの知識であり、企画や計画の根拠にはなりえないだけでなく、他者からの影響を大きく受けるためにいつまでたっても完成しないのです。知識が前提であり目的である一方で、知識が増えれば増えるほど、知識を駆使すれば駆使するほど、自分からかけ離れていくのです。

ある人は転職がしたいという思いが強く、そのためにもと思い切って退職をしました。ある人は起業がしたいという思いが強く、起業以外は意味がないと考え、退職をしました。

これらの人は転職や起業をした「格好」にはなるでしょうが、実際にそこからうまくいくことはありません。

これらの人は感情的にまず行動を起こしただけであり、実際に事を起こしたとはいえないのです。転職したいと言っても転職する先はイメージできず、起業したいと言っても起業してからすることがないのです。

これらの人たちは一見すると真逆のように思われるかもしれません。
しかし、起業する人しない人の区分で言えばどちらも全く同じ人たちです。

これらの人たちは転職・起業というもの(あるいはそれに至るまでの経緯)が目的であり、その先がないのです。智の人であり、情の人であるにも拘らず、その智や情は転職・起業で終えていて、その先に発揮されないのです。転職のためであり、起業のためであり、自分が成す「事」のためではないのです。

結果として多くの人が事を起こす前に事切れてしまう、いや、そもそも起こそうにも事がないのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。