2008年04月19日

30歳の行動宣言

30歳になりました。パートナーたちの教えをものすごく意識してこの数ヶ月を過ごし、自分なりに消化をしてきたつもりです。バリュークリエイトという会社としても多くのことを清算・整理し、新たな進んだ形でのスタートラインを作ることができました。

そこで、ここに記しておきます。30歳、私個人の今年1年の行動指針です。

他者に厳しく、我慢する。

これは一見、相反することのようにも思えます。他者に厳しくすることは自分に甘くすることでもあり、我慢するというのは自分に厳しくすることでもあります。

我慢をするというのはここ数年のテーマでした。自分で何でもしてしまうのではなく、他者を見守り、他者に任せる、他者を信じる、そうすることで自分の器を大きくする、会社としても成長するという目的でした。これからはここに、他者に厳しくを加えたいのです。

私は他者に甘いところがあるようで、他者がすることに対して「しゃあない、別にええよ、気にしてないよ」などと済ましてきました。自分に対しては使わない言葉の数々です。これは他者への優しさではなく、甘やかしであり、同時に自分への甘やかしでもあるのです。衝突を避けたり、自分が嫌われることを恐れていただけなのです。

これからは他者にも厳しく、都度きっちりと筋を通していきます。気づいたときにしっかりと向き合い、最後まで向き合おうと思うのです。決して答えを教えるのではなく、しっかりと気づきを伝えるのです。そこからが本当の意味での我慢であり、他者を見守り、他者に任せ、他者を信じるということであり、自分と他者の両方の成長なのです。

これからは自分からも他者からも決して逃げません。
posted by 奥田圭太 at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
30歳おめでとうございます。
奥田さんがこだわってこられた30歳という節目。その気概を感じます。

「他者に厳しく」言い換えると「相手を叱ることができる」ということは、私にとっても課題であります。

会社として、同じ仕事をする仲間として共に育つためには、真剣さをもって「相手を叱る」必要があります。
それはお互いの責任(仕事を任せた責任と任された責任)の明確化であり、同時に信頼の証であるからです。

仰る通り、自らを鍛えるためには我慢が必要です。
しかし、リーダーたる者は共有する目標を持ち、周りを引き上げる力を備えなければなりません。

奥田さんの行動宣言を拝見し、自分に言い聞かせるようにそのことを強く感じました。

長文失礼致しました。今後の更なるご活躍をお祈りしております。
Posted by 堀内 at 2008年04月20日 12:18
>堀内さん
いつもありがとうございます。
三十路海道驀進すべく頑張ります。
Posted by けいた at 2008年04月22日 11:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93952530

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。