2008年03月23日

良縁は別れではなく旅立ちなのです

まもなく4月です。大学の卒業式も連日行われていて、多くの縁あった学生さんから挨拶メールをいただいています。そのほとんどが4月からの就職について勤務先が決まったというもので、またそのほとんどがしばらくお会いできないという文面です。

京都は大学生も多いですが、その多くの方が就職して様々なエリアへ旅立っていきます。特に起業してから毎年経験することですが、それに伴って学生さんからお別れの挨拶をいただきます。ですが、私はそのたびに「いつでも帰っておいで」と伝えています。それは「あなたを受け入れるコミュニティが京都には存在する」という事実と「立地的に離れたからといってコミュニティは解消されるものではない」という決意を伝えているのです。

大学生の多くとは「びびこむ」を通じて出会い、出会った学生さんが誰かを連れてくるという波状的な広がりでお会いさせていただいています。私が「びびこむ」で目指しているものは「知識・知恵を共有・継承するための人財の輪」であり、そういう意識の人の集まりなのです。ですから集まることに意味があるのではなく、それぞれがそれぞれの場所で自分を高め、それを「びびこむ」に提供してくれればいいのです。

今年も多くの人が輩出され、また多くの人がジョインしてくることでしょう。それが輪となってつながり、上に下にと広がりを持っていくことがイメージできて、私はこの時期の挨拶メールをいただくたびに自分のやってきた「価値」に核心を持たせていただけるのです。

※そんな関西発勉強会コミュニティ「びびこむ」もいよいよ3年目に突入し、今月29日には17回目を開催いたします。コミュニケーション能力入門とも言うべき「アクティブリスニング」がテーマです。ご興味ある方は下記よりお気軽にお申込みを。
http://vivi-com.jp/m/3.html


posted by 奥田圭太 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。