2008年03月15日

「ノーカントリー」

最初から最後まで緊張感が途切れることなくハラハラドキドキの2時間。極めて単純なクライムサスペンスとして一級品であり、背後に流れるどろりと滴る血のような現代社会が見え隠れして切ないような恐ろしいようなスッキリしない作品。

コーエン兄弟の作品は作品ごとには違うのですが、各々の作品で心拍数をコントロールするような映像のつなぎ方を感じます。映像のセレクトもそうなのですが、それよりも映像のつなぐテンポや音のリズム感です。その身体にじわじわしみこんでくるテンポがいつの間にか観客のテンポになり、最後まで引き込まれてしまいます。

この作品は、クライムサスペンスとしては、プロフェッショナルの行き詰まる攻防戦です。逃げるもモスも危機回避力は一級品ですし、追うシガーの自分のルールに従い追い詰めていく力も一級品です。二人の攻防戦だけで息を飲み、どこから何が飛び出すかわからない二人のすごさにハラハラドキドキし続けることになります。

背景には古き保安官がいて、ベトナム戦争の傷跡や銃社会や変わり逝く田舎などの現代の象徴が描かれます。そこには「生き難い」現代社会が浮き彫りにされています。それはアメリカだけでなく、日本にも通じることでしょう。古きポリシーを持った変われない保安官はもちろん、殺人鬼のシガーも自分なりのルールを作って生きていくことでしか耐えられない現代社会、そのどろっとした感じがハラハラドキドキのあとに忘れられない絡まり方として横たわり続けます。

■作品概要
題名/「ノーカントリー(原題:NO COUNTRY FOR OLD MEN)」
2007年/アメリカ/パラマウント、ショウゲート
脚本・監督/ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
原作/コーマック・マッカーシー
出演/トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン ケリー・マクドナルド
会場/TOHOシネマズ二条
メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった。


posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【劇場映画】 ノーカントリー
Excerpt: ≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、す..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2008-04-25 20:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。