2008年03月08日

私の声は七色である

カラオケでの一場面、Y君は言いました。「奥田さんの声は曲によって変わる」と。その口調はいつもの丁寧で控えめなY君と違い、恐ろしいほどの断言でした。

私の歌声は、誰の曲か、とか、どんな曲調だとか、で大きく変化するそうです。別人の声とまではいかないまでも、かなりの違いがそこにあるそうです。

そこで少し他のことについても考えてみました。

確かに「声が変わる」というのと同じように「話し方が変わる」というのもよく言われています。話す相手や話す内容や話すときの状況によって、言葉の選び方や話す速度やトーンなどが変化し、声色まで変化しているのです。「態度」は変わっていないのですが、「話し方」は大きく変化するのです。

私が音を発するとき、多くの場合そこには明確に意思というものが乗っています。相手に伝えようという気持ちがとても強く乗っかっているのです。だからまず「どういう話し方をすれば相手に伝わるか」ということをものすごく意識的に考え、無意識的に身体が反応します。それが私が相手や内容、場面によって話し方を変えている理由です。

そしてその話し方の変化は「声色」にも現れているようです。実は速度やトーンは意識していましたが、声色と感じるほどの変化だとは本人には認識がありませんでした。

私は、場面によって話し方を大きく変えます。そしてそれは声色をも変えるのです。
posted by 奥田圭太 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88793633

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。