2008年02月28日

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

内容はありません。ストーリーに関して予想が大きく外れた映画の一つ。主役はダスティン・ホフマンだと思います。

まずは勘違い(予想はずれ)を説明しておきます。この映画はナタリー・ポートマン演じる主人公が魔法を信じていなかった中で強引にお店を継ぐこととなってしまい、悪戦苦闘する中で「魔法」とは何か(見る力・信じる力)を見つけ出すものだと思っていました。ところが実際にはスタートから主人公は魔法を信じていて、お店を継ぐこちになるのも最後の最後。さあこれから思っていたとこだっていうところで終わってしまいました。そういう意味では内容はほとんどなく、わくわくドキドキするストーリー回しではありません。

とはいえ、映像と音は単純にカラフルで楽しく、ダスティン・ホフマン演じるマゴリアムおじさんはほのぼの温かな気持ちにさせてくれます。世の中にはたくさんの音が溢れている。それは実際に聞こえるものも、自分にだけ聴こえるものもあるのかもしれません。それをNOISEと思うのかMUSICと思うのか、それは自分次第なのでしょう。そんなことをふと思う、絵本のような映像と音でした。


■作品概要
題名/「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋(原題:Mr.Magorium's Wonder Emporium)」
2007年/アメリカ/角川映画
監督/ザック・ヘルム
出演/ダスティン・ホフマン ナタリー・ポートマン ジェイソン・ベイトマン
   ザック・ミルズ テッド・ラドジグ
会場/TOHOシネマズ二条
都会の一角にある、マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋。おもちゃたちが魔法で動き回り、子どもたちに大人気だ。しかしマゴリアムおじさんは引退を宣言。支配人のモリーに店を継いでほしいと言い出し、資産価値の計算のために経理士のヘンリーを雇う。自信のないモリーは必死におじさんを引き止めるが、聞き入れてもらえない。そんな中、オーナー変更や魔法を信じないヘンリーに、おもちゃたちが怒り出し…。
posted by 奥田圭太 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87542359

この記事へのトラックバック

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 観てきました。
Excerpt:  予告編を見た時に、美しく、楽しそうな映像に一目惚れ、しかもキャストはダスティン・ホフマンとナタリー・ポートマンと、僕の好きな俳優が主演。これは観に行かなければ!マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2008-03-09 13:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。