2008年02月19日

雑な仕事を取り戻す

仕事が雑になってきたとします。それに気づいた人は取り戻すべく丁寧に取り組もうとしますが、これは大きな勘違いに陥りやすい現象です。

仕事が雑になってきたのは、多くの場合、仕事を雑に扱うようになってしまったのではなく、雑な仕事に手を出すようになったのです。雑な仕事を丁寧に取り組んだところで雑な仕事が丁寧に収まりはしないのです。

つまり、仕事が雑になってきたのは、するべき仕事を見失っているのです。目的の喪失です。目的を見失ってるが故にするべき仕事が見当たらず、乱雑に物事に取り組み、取捨選択が目的に正しくできないのです。結果として、乱雑であれ物事に取り組むということが目的化してしまうのです。完全なる目的と手段の逆転です。

その点において仕事が雑になってきたのは、とてもありがたいアラームです。そして、それに気づいた人が勘違いに陥らないために採るべき手段は「停止」です。雑な仕事を停止し、目的・目標を再確認・再設定するのです。

意義ある停止は大切な一歩なのです。雑な仕事で別な方向に進んでしまっているのであれば、停止して元の地点に戻ることは目的からの距離において大きく近づく大切な大切な一歩なのです。

仕事が雑になったり、失敗をしたり、目的から遠ざかりそうな気配を感じたとき、もう一度元の地点に戻って目的を見据え、どうやって取り戻すのか考えることが大切です。そのまま流れながら軌道修正していてはフラフラしているだけでどんどん遠回りしてしまい、いつの間にかいろいろなものが見えなくなるのです。

仕事が雑になることはいいことではありません。ですが、雑なことに気づけば取り戻せばいいのです。
posted by 奥田圭太 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。