2008年02月16日

Bの教え

Bはバリュークリエイト創設メンバーの一人で、創設メンバーの中では最年長です。ほとんど「奥田のやりたいようにやればいい」「奥田がやることは自分の考えだと思う」と言って、私を甘やかしてくれます。

ですが、その甘やかしに甘え続けているとボソッと一言で私の課題をズバッと指摘してくれます。そんなBの教えは今の私が悪いところを表していて、必ず心に留めておかなければいけないものです。

(1)親しき仲にも礼儀あり
これは私にとっては二つの意味です。ひとつは「言葉遣いに気を遣え」というずっと言い続けられている私の言葉遣いの甘さです。すぐにフランクにしゃべりますし、年齢関係ない接し方が言葉遣いにも顕れてしまうのです。もうひとつは「親しい人ほど気を遣え」ということです。親しい人だからこそ伝えることを惜しんではいけない、本当に大切にしなければいけないということです。ついついその信頼に甘えて、手を抜いてしまうことがあるのです。

(2)感情的になって得することはない
これもまさにです。感情を表すことはとても大切なことですが、それが「感情的」な表現になってはいけないのです。感情的なものは誤解も生じやすく、あるいは行き過ぎてしまいがちで、若さで誤魔化せるのは一時期だけです。大切な感情だからこそ、感情的になることなくきちんと伝えることが大切なのです。感情と感情がぶつかり合ったとき、そこには感情的妥協しか存在せず、融合は極めて困難なのです。

30歳に向けて、当然のこととして心に留めています。これをただ理解するのではなく、しっかりと身体に沁みこませる癖付けを一日一日の積み重ねでしていきます。
posted by 奥田圭太 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。