2008年01月30日

巻き込むから巻き込まれるへ

私は「天才型巻き込みタイプになりたい!!」と思っています。「自分の信じるように周りの人を巻き込みたい。そして、巻き込んで巻き込んでその人たちを幸せにしたい。それが自然にでき、周りの人も自然と幸せになれれば最高だ。」 と思っているのですが、最近は巻き込むよりも巻き込まれる事も増えてきました。これはこれで嬉しい悲鳴です。

昨日は「物理化学」なるものを勉強しました。京都オフィスに学生さんがテスト期間中のためテスト勉強をしにやって来たのです。農学部のY君と私でその学生を教えるということに成り行き上なったのですが、そんなものは高校生?以来で10年以上ぶりです。ましてや物理化学を選択していた記憶もありません。とはいえ、ネットで調べ調べ、教科書を読み読み、練習問題を3人で一緒に解いていったのです。久々の頭痛がするような時間でしたが、そんな時間も楽しいものです。

夜にSから意味不明(笑)なメールが来ました。デザインが3パターン届いて「どれがいいですか?」というだけのものです。今年はSの事業化ということを勝手に私が目指していて、かなり私の方にひきつけて一緒に何かをやろうとしていたのですが、どうやらそれが功を奏して私は何かに巻き込まれるようです。

そういえば、新規事業もチャレンジスタッフ1号の発案で巻き込まれて走り出しています。いつの間にかちょっと大事(おおごと)になってきました。

そういえば、5月の大型イベントにも何らかの役割で巻き込まれているみたいです。やっているメンバーの真剣さを見れば、私も逃げるわけにはいきません。私自身も当日を楽しみにしています。

そういえば、関連会社「ドリームシンパシー」とも協業で事業の拡大をする分野が出てきました。

このように、いつの間にやら巻き込まれて使われていくのです。この新鮮な喜びは起業して2年半、ようやくやってきたように思います。
posted by 奥田圭太 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81425650

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。