2008年01月28日

よくいただくご質問4

お問い合わせシリーズ第4弾。(←勝手にシリーズ化)

よくいただくご質問4
どうしてお金にならないことに精を出すのですか?どうしてもっと稼げる方法がわかりやすくあるのに違う方法を選択するのですか?

回答
目的が違うからです。あるいは単体で判断しないからです。

前まで来ていたインターンのY君に「そんなんがやりてぇんじゃねーんだよ」と強く言ったことがあります。私があるインフラモデルを彼に提案したときに彼が「こうした方が確実にもっと儲かります」と切り返したことに私が返した言葉です。

まず第一義として、お金ではない「目的」が先にあるのです。お金はそこについてくるものであり、目的の達成が最優先なのです。

たとえば、教育が目的であればそんなに収益を生まなくてもそこに関わる人財の育成になるのであれば会社としてGOなのです。あるいは短期的には収益を生まなくても将来的な可能性にその目的を置いているのであれば投資としてGOなのです。もちろん収益は大切です。ですが、「今の」収益最大化は目的にはなり得ないのです。

もうひとつは「つながり」です。バリュークリエイトが考えるサービスはそれ単体で判断するものではないと考えています。既存のサービスとの相乗効果や、それが立ち上がった結果としてそこから生まれてくるものからの二次的効果などが大切なのです。

継続性の担保は最重要であり、まずは損をしないことを前提に物事を考えます。そこからは大目的を最優先し、つながりや波状効果・二次効果を見据えた上で方法を選択するのです。

バリュークリエイトが、一見儲からないようなことをしているように思えるのは、「目的」と「可能性」に投資をしているからです。
posted by 奥田圭太 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81054672

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。