2008年01月27日

起業する人しない人1〜序章・ある少年の物語〜

社会人になってから、起業をしたい人や転職をしたい人にお会いする機会がよくあります。経歴のせいなのか、起業をしたい人や転職をしたい人の相談を受けることも少なくありません。

ですが、そのほとんどの人は、結果的に起業も転職もしていません。最近では少しお話を聞くだけでその人が本当に事に移すかがなんとなくわかるようになりました。実際に事を起こす人と起こさない人には決定的に違いがあるのです。いつまで続くか、どのようなところに辿り着くかはわかりませんが、そのことについてしばらく考察していきたいと思います。

先日、ある大学4年生が私のところに来ました。就職先を紹介して欲しいと言うのです。彼が就職先を紹介して欲しい理由は「留学するための資金稼ぎ」だと言うのです。彼の目標は「あるスポーツコーチになるための海外留学」だったのです。

私はこのとき「彼は今のままでは留学もできなければ、もちろんコーチになんてなれない」と確信しました。そして彼が事を起こさない人と事を起こす人の境界線を越えられるかを助言したのです。そして彼の決断を待つべく態度を保留して待つことにしました。

彼は今、寝る間を惜しんでアルバイトに励んでいます。そのスポーツともコーチへの道とも関係なく、ひたすら汗水を流して働いています。

私はそのことを聞き「彼は間違いなく海外留学を実現できる」と確信しました。彼は境界線を越えることを選択したのです。

ここに全てが凝縮されているように思います。事実、彼は卒業とともにあるスポーツのコーチになる勉強のため海外へ旅立つことが決定しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。