2008年01月01日

すき焼きの話

大晦日や元日にはすき焼きを食べるという風習が地域によってあるようです。どうやら私が生まれ育った京都というところもそのようです。

まず何故大晦日と元日はすき焼きなのか、それについては諸説がありよくわかりませんが、大晦日や正月は親戚一同が集い鍋料理を共にする、その鍋料理の一つとしてすき焼きがあり、たまにはお肉で贅沢を、というもののように私の経験からは思われます。

京都ですき焼きといえば「三嶋亭」「モリタ屋」という二大有名どころがあります。どちらも煮込む鍋という感じではなく、少し厚みのあるとても大きなお肉を1枚1枚甘く焼いてお肉を味わう、お野菜も焼いて味わうというものです。これだとお肉も一番おいしいタイミングで、お野菜も一番おいしいタイミングで食べられるので幸せな気分になれます。

三嶋亭    http://www.mishima-tei.co.jp/index.html
モリタ屋   http://www.moritaya-net.com/index.html

年末30日に帰郷していたTさん夫妻と三嶋亭でお昼をご一緒したのですが、長蛇の列でした。それは食事に来られた人の列ではなく、食事処に併設されている精肉店に年末年始のすき焼き用のお肉を買い求める人の列でした。お昼をいただいて出てきても全くその列は短くなることもなく更に長さを増していました。前日の大丸百貨店でも三嶋亭の精肉店の前は長蛇の列ができていました。

年末年始は家族一同が集って食事を味わいながら久々の団欒を過ごす。そんな贅沢な時間を彩るものとしてすき焼きというちょっとした贅沢があるのだとわかりました。それを知って、すき焼きが好きになりました。


posted by 奥田圭太 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三嶋亭は、学生時代から名前は知ってますが、一度も行ったことがありません。「大市」も。体験で、1回あればいいなあ。
Posted by みのだうえる at 2008年01月03日 01:15
>みのだうえるさん
今度お連れしますので体験しに行きましょう。
Posted by けいた at 2008年01月05日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。