2007年12月29日

資格の話

世の中には本当にたくさんの資格があります。知らない資格のほうが間違いなく多いでしょう。

そんなひとつに「製菓衛生師」というものがございました。私がよくランチに行くお店の店員さんと話をしていると彼女が取得しようとしているという話になったのです。耳慣れない言葉だったので歯科衛生士と勘違いしそうになりました。意味がわからなくて調べてみました。

製菓衛生師は、お菓子やパンを製造する際の公衆衛生の向上と製造者の資質向上など、安全性の高い食品づくりに携わるお仕事です。調理師と同じで名称独占資格と呼ばれる国家資格で、この資格がなくてもお菓子の製造はできますが、営業に際してお店の信頼度を高める効果もあるため、資格を取得するのが通例だそうです。食品添加物やアレルギーなどが問題となっている現代、より安全性の高い食品が望まれており、お菓子製造に関しても科学的な知識が必要となっています。グルメブームの昨今、製菓衛生師へのニーズは、ますます高まっているそうです。

家のポストにユーキャンのチラシが届いておりました。そこには116の講座が並べられ、資格・実用・趣味が溢れかえっていました。検索をしていても資格はとんでもない数があり1000は裕に超えています。国家資格だけでも100以上あるようです。

新しい年を迎えるにあたって、資格の取得・勉強をテーマに掲げる人も多いことでしょう。資格を取ることが目的にならないように、あくまで目的を定めた上でそれに必要な資格を取得する。そのことが肝要です。

周りにそういうものを頑張っている人がいると思うと私も勉強しようという気持ちになりました。まずは、先送りにされてきた宅地建物取引主任者の資格取得、そして昨日仕事納めのパートナーSと宣言(?)したスカッシュの開始です。
posted by 奥田圭太 at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 資格にチャレンジすることはいいことです。仕事に深みを与えるとともに、自己啓発をという自分からやりたいことをやるという向学心が、「国家資格」という見えやすい目標にリンクするので、その意味でもいいことです。

 あっしも、安全衛生、2級建設、簿記、宅建を持っており、行政書士と中小企業診断士(1次まで)はやれました。

 でも、国家資格はまえに送付した「社会人基礎力」でのIQのはなしであって、個人でやる仕事では有効ですが、多数のメンバーと共同性の仲で発揮するコンピテンシーには影響がありません。
 資格を持っていることと実務が「すぐに」できることは、別の次元の話です。

 だから、そういう勘違いをする資格がとれれば職にありつけるとか、資格の数だけを喜ぶいわゆる「資格マニア」には、留保・注意が必要と思います。

 そういう意味で、うまく「国家資格」を自身の向学心の涵養のためにお使いください。ちなみに、あたしは、二度と資格にチャレンジすることはしません。そういう時間があれば、より多くの人と話し、出会い、コーチングする時間が、ほしいですもの。
Posted by みのだうえる at 2007年12月30日 05:47
>みのだうえるさん
自己表現を資格というモノに頼る、モノでしか自分を表現できないという寂しいことにはならないでほしいですね。
目的や目標をわかりやすく頑張るには素晴らしい行動設定であり、それが確かに自身の将来を見据えているものであれば、それを目指す姿は美しいものです。
Posted by けいた at 2007年12月31日 15:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75363748

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。