2007年12月29日

本を読む

京都発の勉強会「びびこむ」でもご質問いただきお答えしたのですが、私はあまり本を読みません。その昔、中学生時代は小説を貪るように読んでおりました。その後徐々に読まなくなり、社会人になってからは周りがビジネス書などを読み始め、それに違和感を覚えたままほとんど本を読まなくなりました。

そんな私が最近になって急に本を読み始めています。一度読み始めるとその日の内に読み終えてしまいたいのでかなりピッチよく読んでいます。読書が嫌いなわけではないので、読書熱が復活したら復活したでなかなか楽しいものです。

実はこの読書熱の復活はわかりやすく京都オフィスのおかげです。「共有」をテーマに仕上げられた「8階のスタバ」に作った私本人が感化されたのです。「皆様の寄贈」「貯金制度」による「ブックオフ大人買い」によって多種多様な分野の本がいつの間にか100冊以上並ぶようになった「共有本棚」のおかげなのです。

自分で買いに行ったのもありますが、いろんな本がずらりと並んでいるのを見ていると、そこにはいろんな人の趣味や価値観が並んでいて色とりどりで、なんとなく手に取ってみたくなります。興味のなかったものにも興味を持ってみようという気になるのです。そしていつの間にか紅茶を飲みながら読み始めてしまいます。

京都オフィスに集う人たちのためにと思って始めた数々のことから一番恩恵を受けているのはどうやら私のようです。
posted by 奥田圭太 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75329992

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。