2007年12月29日

業界研究勉強会(業界共有会)とやら

昨日は京都オフィスに就職活動生が集まって自分たちで勉強会を開催していました。バリュークリエイトは関係なく、あくまで彼らたちがやることを決めて、場所として京都オフィスが使われただけです。テーマは業界研究ということで各々が1つの業界を調べてきて「教え合う」というものでした。

私が就職活動をしていたときはこのような勉強会は一切開催していませんでしたし、参加もしていませんでした。ですから、今回の主体性や行動力は私には尊敬に値するものです。

ただし、内容については疑問符がたくさんでした。実は以前に同じような勉強会を見学に行ってその主催者の人にも終了後にお伝えしたのですが、そもそも疑問符の塊でした。その会自体がどういうゴールをイメージして進められているかが全く見えないのです。その結果、やってる側も参加している側も傍から見ているものも不安しか手にしていないのです。

せっかくなので、以前の勉強会で主催者にお伝えしたことを転記します。

『やっぱり知らない人が知らない人に教えるのは無理がある。』
『「一緒に勉強する」は今のやり方で十分いいと思う、だけど「学んでもらう」「教える」という付加価値を参加者に提供したいなら今のやり方では無理がある。』
『昨日のは参加者にどういう結論を与えたかったの?なにができればゴールだったの??』
『しっかり目的を定めて頑張ってください。』

知らない人が知らない人を教えると、間違っていても誰も気づかないし、正しい知識と誤った知識をそのまま混合したまま頭の中に納めてしまい「わかった気」と「不安」だけがそこに残るのです。知らないという点においてすでに「教える」ことはできないのです。調べてきたものを伝えるだけであれば、調べるのに使ったいい本を貸してあげるほうが賢明です。「学び合う」であればできたはずです。

正しい知識を身につけたかったのか、親睦を深めたかったのか、就職活動に向けて他人の価値観に触れたかったのか、就職活動でなんとなく不安なので何かをしたかったのか、その不安を共有したかったのか、何の時間だったのか。そこが明瞭でないと参加者はどこに行けばいいのか「不安」だけがそこに残るのです。持ち帰るものが見当たらないのです。

事前にそれらの危険性は今回の主催者に伝えておいたのですが、そのままの結果になってしまいました。そうならないようにできるだけ同席しようと思っていた私自身も他の事に夢中になっていて放置してしまいました。私自身にも反省の多い会でした。
posted by 奥田圭太 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75284847

この記事へのトラックバック

英語耳 発音ができるとリスニングができる
Excerpt: 内容】3分の2位をひたすら英語の発音方法を記載残りは勉強方法など批評】発音方法だけを徹底して重視した本ですからこれだけでは足りないですね。先日、高校生に英語に教える機会があったのですが根本的に単語を覚..
Weblog: 就職の感動
Tracked: 2008-01-19 16:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。