2007年12月26日

ブログが書けない件

「ブログ再開のお知らせ」を掲げるや否やブログの更新が途絶えていました。見事に「ブログが」書けていません。書こうとはしているのですがUPに至りません。その理由はいくつか考えられます。

大きな結果の一つが、途中まで書いてUPせずにやめてしまう、です。これには肉体的要因と心理的要因の二つがあります。

肉体的要因というのは、途中で身体が挫折してしまうということです。(今もその危機とすでに戦っています。)今まで一気に書いてしまってすぐUP、最近ではその間隔もどんどん短くなり1エントリー10分程度でした。その10分がもたない、もしくは10分で仕上がらないのです。その瞬間に身体がその場から離れてしまいます。慣れていないことから逃避活動が開始されるのです。

心理的要因というのは、復活文だから力が入っているということです。単なる気負いです。久々に書くのだからと勝手に力が入っているのです。または、書く基準にブレ、悩みが生じてきているのです。今までなら書けたかもしれないものでも書いていい内容なのかどうか見直してしまうのです。そしてそうしているうちに上記肉体要因によって滅殺されてしまうのです。

結局のところ、熱の問題のように思います。以前にも書きましたが「ブログは熱いうちに書け」なのです。あれだけ書こうと思っていた項目も今では上記要因に阻まれてしまっているのです。

ブログはやめようと思えばやめられる極めて簡易なものです。一方で続けるのは極めて難事なのです。惰性に流れるのはかくも簡単なことで、癖付けを戻すのはかくも困難なことなのです。

これからまた癖付けをイチからやり直しです。まずは映画でも見に行こうか。そういう軽いものから記録を残すためだけのものから書き始めるのが今の私にはいいリハビリのような気がします。
posted by 奥田圭太 at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ああ、気持ちがわかるなあ。発想がどんどんわいてきて、入力する手間よりも頭が先に行くので、口述筆記してくれる人がいると楽だなあ。と最近、あっしも感じています。
 また、パワーポイントの作成や、資料も、最初に構成を打ち合わせて(白板)、それを企画書にしてくれる人がほしい。そういうパソコンでの「作業」(レーバー)ではなく、「仕事」(ワーク)で、人と前向きに話し合ったり、目標自体を設定する、夢を共有化する時間に集中したいのです。できれば、飲み会の機会も。
Posted by みのだうえる at 2007年12月27日 05:26
>みのだうえるさん
そうなのです。頭の中がぶわ〜と沸騰してぶわ〜とあふれ出て、拾い上げきれないのです。頭をかぱっと開けたいというやつです。
Posted by けいた at 2007年12月28日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74758248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。