2007年09月23日

京都音楽博覧会IN梅小路公園

晴れ時々曇り時々大雨。広々とした芝生公園に所狭しと人が集まって、スタンディングするしかないような状態。野外フェスにはけっこう行っている方だがここまで人で埋まっている感があるのは初めてかもしれません。途中、雨に打たれて逃げ場もなく皆さんびしょ濡れ。それでも誰もが最後まで残って一日を楽しんだ良質なフェスティバル。

ふちがみとふなと 
未見。到着しておらず聴けず。
Liadan
未見。到着のときに女性のクリアな歌声が・・・。 
大工哲弘&カーペンターズ
未見。降り出した雨が収まらず撤退。琉球民謡の音だけが・・・。 
Jason Falkner
未見。撤退中につき聴けず。
cocco
既聴。生初見。後半はまさに今だから歌いたいのであろう曲のラッシュ。沖縄民謡やカントリーで軽やかに歌い上げながらもメッセージが強く、安直ではない深い深い思考を搾り出すような歌声。最後の曲(現在沖縄限定の新曲)は、今聴かせたいというCoccoの思いと真剣にそのメッセージに耳を傾ける聴衆の融合した優しさと緊迫のひととき。
小田和正
既聴。生初見。ギターと声だけの奇跡。生声を聴くだけで鳥肌が立つような素晴らしさ。60歳還暦を迎えても歌詞があやふやでもそこにぴんと立つ歌声は必聴。生で観る機会を得られたことに心から感謝。くるりの二人とのセッションもまたお得感。雨に打たれることに吹っ切れた瞬間。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス
未見。ルーマニア出身。あとから知ったのですがジプシーミュージックと言うらしい。大好きな映画「黒猫白猫」の世界を思い出すような身体が自然と踊りだす音の重層重奏。重なり合う音とリズムで朝まで踊れるような気分にさせてくれます。大雨の中、一曲一曲と踊りだしてしまう聴衆増加。最後は大歓声と大舞踏会。
くるり
既聴。生既見。私の知る限り、くるりのベストアクト。ほとんどの曲に新鮮なアレンジが加えられていて今日しか味わえないに違いない曲の数々。雨も上った京都の夜に美しいストリングに優しいベース、様々な声や音が絡まりあい岸田さんの歌声が沁み渡ります。くるりが今日に込めた心が沁み渡ります。雨上がりの身体に沁み渡ります。短いけれど至高のとき。

雨を嫌がっていたのが馬鹿なことのように、雨を楽しむことに吹っ切れたとき全てが輝いて見えました。「アホにならな損!」です。ずぶ濡れになることで何もかもがどうでもよくなって、思い切り音楽にだけに身を委ねられたのです。あいにくの雨、そのおかげで新しいものを感じました。そこに来てくるりのベストアクト。世界旅行をしながらどこかの中を流れているようなそんな夜でした。

■公演内容
京都音楽博覧会IN梅小路公園
出演/ふちがみとふなと Liadan 大工哲弘&カーペンターズ Jason Falkner 
    cocco 小田和正 タラフ・ドゥ・ハイドゥークス くるり
会場/京都梅小路公園・芝生広場 
日時/2007年9月23日(日・祝)11:00開場
料金/自由 6,800円
posted by 奥田圭太 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56854604

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。