2007年09月21日

起業塾なるもの6回目

起業塾なるものの第6回が無事に開催できました。
第1回の様子は→コチラ。第2回の様子は→コチラ。第3回の様子は→コチラ。第5回の様子は→コチラ

本日のテーマは「あるベンチャーは何故成長を続け、また別のベンチャーはなぜ問題を抱えて失敗するのか」という成功と失敗の境目、ベンチャーが各ステージで抱えるリスクを考えました。

今回は仲良しのN社長にもディスカッションに参加していただきました。まずは2グループに分かれて社長も交えてディスカッション、そこでの成果も踏まえて全体でディスカッションをしました。まず「成功」とは何か、をそれぞれの価値観で意識し、そこから経営者としての思い・資質の部分へ話は及びます。更には同じ経営者でも成功したり失敗する、同じような商品を扱っていても立場が逆転する、その境目は何なのか。表象に現れるものではなく根底は何なのか。その元の姿を必死で考えました。

まだまだ言語能力が低く、一度出たものを掘り下げる力が生徒には足りません。ですが、こうやってディスカッションで掘り下げていくことで訓練にはなります。こういうものは訓練であり、日ごろの積み重ねでしか取得できません。そういう機会を提供するのもこの起業塾の大きな役割です。

ディスカッション終了後、世の中で一般的に言われていることや事例を体系的に講師の方から説明・解説していただきました。ここで考えたものを知識として言語化していきます。自分が漠然と、あるいはちりじりに考えていたものをまとめる機会になるのです。

いよいよ中盤を迎えた起業塾です。ようやく講師の先生と生徒の距離感は詰まってきました。課題である生徒の知識レベルの把握、意識・習得レベルの統一にはまだまだ改善の余地を残しています。少しずつ確実にいいものへと掘り下げていき、第2期を実現したいものです。

posted by 奥田圭太 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56513561

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。