2007年09月11日

起業塾なるもの5回目

起業塾なるものの第5回が無事に開催できました。
第1回の様子は→コチラ。第2回の様子は→コチラ。第3回の様子は→コチラ
実は第4回は私は出席しておりません。第4回はいつも講師をしていただいている元大手企業社長に加えて、私がお世話になっている京都のベンチャー企業3社の社長様にご臨席いただきました。そして個々に参加者と講演、ディスカッション、質疑応答をいただいたのです。参加数は5、6名ですからほとんどマンツーマンのような濃度です。かなり密度の高い回になったと聞いています。

本日第5回のテーマは「企業経営の数字」です。
損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー、損益分岐、その他数値指標についてエッセンスを学びました。私はほとんど知っている内容だったのですが、まだまだ学生には触れたことのない内容だったようで必死で食らいつく参加者がそこにはありました。今回は練習や慣れが必要だったこともあって終了後に1時間ほど補講も行いましたが、それにも全員出席しました。

個人的には「規模と効率」というか、大きければすごいと勘違いせず、資産といってもそこには負債が含まれること、回転率を上げることで見える効果、を感じてくれれば十分です。あとは様々な会社が比較例に出てきた中で企業や数字に興味を持って、感覚や深く勉強するきっかけになってくれればと思っています。

わからないことは何も恥ずかしいことではありません。毎回しっかりとわかるまで質問し、納得するまで食らいつけばいいのです。せっかく継承いただけるものをしっかりと得て帰りましょう。それが講師をしていただいている諸先輩方へ感謝を伝えられる唯一の方法であり恩返しです。

最近の傾向としてやむおえず欠席してしまった人が非常に悔しがり、どんなんだったのかを必死で聞いて回っている姿が目に付きます。ほぼ隔週で行っているこの会。突然始まったこの会。なんとなくそれぞれの参加者の中で位置づけが生まれてきているようです。

posted by 奥田圭太 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54939682

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。