2007年09月08日

インターン終了

昨日で立命館大学産学協同アントレプレナー教育プログラムにおけるインターンシップ生Y君の受入れ期間が終了しました。彼と初めて面接したちょうど1ヶ月ほど前のことが思い出されます。そのときにインターンの課題も設定しました(そのときの模様は→コチラ)。それは「バリュークリエイトのホームページの設計図を作成せよ。(バリュークリエイトをコンサルせよ。)」というものです。

それから8月27日が初出社、2週間のインターン期間でした。そして、昨日、彼は私に対して課題解決の提案書を提出しました。それは見事なフォームで作られたPDFで、パソコンスキル・文書作成スキルに驚きを覚えました。私にはできない立派な文書です。

とはいえ、そもそも面接したときから「まだまだ」なY君でした。また過程を見ていてもずっと課題解決には至らないと私自身は確信していました。期待していたのは、アウトプットではなく彼の変化だったので、あえて口を出さずに自由にしてもらっていました。マネージせずにあえて見守っていたのです。ですからアウトプットは想像できるものに過ぎませんでした。

しかし、大事なことはそこからです。彼と1時間半ほどゆっくりと振り返りを行いました。何故私が私がマネージしなかったのか、何故課題解決には至らないと確信したのか、何故今回の提出物が課題を解決できていないのか・・・。そこには彼がすでに気づいていたこと、気にはなっていたが言語化されて明確になったことが満載で、彼の今回のインターンで受け止めたカルチャーショックの数々です。何故人は動くのか!!物事の根幹は何か!!それは誰のためなのか!!

「まだまだ」のY君が何に気づき、何を変化させ、どんな付加価値を手に入れ、どんな付加価値を周りに提供したのか、それを振り返るレポートを提出してもらうつもりです。それはきっと彼の根幹になることでしょう。

Y君が行動に移すべきことは・・・、来週から始まる次のインターン先で気づきを発揮すること、後輩たちに自分が得た気づきを伝えること、です。
posted by 奥田圭太 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54428197

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。