2007年08月11日

起業塾なるもの3回目

起業塾なるものの第3回が無事に開催できました。(第1回は→コチラ。第2回は→コチラ

今回はずばりディスカッションでした。たくさんの起業家の記事を読んでそこにあらわれてくる言葉や哲学に対してみんなが感じたことを話し合うというのが目的でした。他人の意見の中から気に入ったものや気に入らないものを抽出していくことで自分の意見をおぼろげながらつかむきっかけになればいいかなと思いました。

実際にやってみたところ、思ったよりもうまくファシリテートできませんでした。結果的に意見交換があまり交換されず、個々が自分の意見を発表するだけに終わった気がして反省しています。

参加者の姿勢も少し残念でした。「教わりに来ている」という大前提が姿勢に表れてしまっています。アントレプレナー精神をに少なからず関心を持ち、起業というキーワードに反応した面々として物足りません。「自分から」という姿勢や前に出る姿勢をもっと持って欲しいと思います。参加者で終わるのではなく、生み出す側に回る気持ちです。

何も言わなくても準備に来ている参加者もいました。毎回挨拶と後片付けだけはみんなでしっかりしようということは守られてきています。この会のいいことは教えられることではなく、周りの参加者の行動から学ぶことも多いことです。ただし、それに気づけるかどうかはその人次第です。
posted by 奥田圭太 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51015093

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。