2007年08月10日

インターン課題設定

本日は散髪、インターン面談、京都オフィス大掃除、京都オフィス打ち上げでした。その中でもインターン面接は新鮮かつ将来性を秘かに期待できるものでした。

バリュークリエイトは以前にも書きました(→コチラ)が、立命館大学産学協同アントレプレナー教育プログラムの受け入れ企業として今年から加盟させていただきました。本日そこからY君がインターン希望として面談に来てくれました。このブログを彼も読んでいることを前提として書きたいと思います。

Y君と面接した感想は「まだまだ」です。とはいえ、大学3回生とはこんなものだろうとたくさんの学生さんと接していて思います。なので悲観的なまだまだではありません。逆に言うとどれだけ気づいてくれるかが楽しみで仕方がありません。

Y君自身は経営コンサルに興味があると言ってはみたものの、経営コンサルが何かはまったくと言っていいほど理解できていませんでした。それでも自分の得たいものは何なのか、バリュークリエイトに興味を持った根幹は何なのかを面談を通じて必死で考えようとしてくれました。

その中で出した結論は2点です。(1)他人を動かすにはどうすればいいか(2)バリュークリエイトは何故成立しているのか。です。(1)については面談する中でカルチャーショックを受けていただきました。「他人は動かすのではなく、動くものであり、何故動くのかを目の当たりにすればいい」ということです。(2)についてはバリュークリエイトそのものが直面している疑問・課題です。そこで彼には一つの課題を与え、上記の2点を肌で感じていただくことにしました。

課題:バリュークリエイトのホームページの設計図を作成せよ。(バリュークリエイトをコンサルせよ。)

(1)については京都オフィスにいれば目の当たりにすることができます。指示ではなく勝手に動いている人が眼前にいるからです。またそれをモチベイトしているものはそこにいれば肌で感じることができるはずです。そこからY君が何かを感じ取ってくれれば、あるいはY君が勝手に動いてくれれば(そこに何故自分が動こうと思ったかがわかれば)十分なヒントになるはずです。

(2)については設計図が作れるようになれば十二分です。そのための協力は惜しみません。質問には真摯に答えますし、そのためにしなければいけないこと(顧客訪問・関係者ヒアリング・財務分析等)があれば全面的に叶えていきたいと思います。密着だろうがなんだろうがどんどん要求して一歩ずつ実現に向かってくれればと思います。

Y君はこれらに納得し高い関心を示してくれました。当初のインターン期間よりも大幅に伸びそうな気配です。それだけ彼が前のめりで関与してくれようとしているのだと思います。非常に期待しています。それはアウトプットではなく、彼の変化という意味です。

彼は時間のない中で自主的に大掃除に参加してくれました。それは彼が動いたということです。そこにはいったい何があったのか。それを感じることからスタートしてくれればいいと思います。彼が目に触れるものを逃さず、したいことを自由にさせてもらい、そこから出てくる副産物がとても楽しみです。「やりたいことをやる」その意味を理解すれば必ずそこから価値が生まれます。「まだまだ」のY君が何に気づき、何を変化させ、どんな付加価値を手に入れ、どんな付加価値を周りに提供するか、京都オフィスのメンバーでゆっくりと見守りたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。