2007年07月28日

「細野晴臣と地球の仲間たち」

夏が始まりました。穏やかなゆるいゆるい野外フェスティバルの始まり。

竹中直人さんのトークショーから始まり、前半は細野晴臣トリビュートアルバムに参加した豪華面々が順に登場。1曲終わればまたセットも変わって次という・・・。15分休憩後、今度は細野晴臣さんを中心としたバンド編成で古い曲から新曲までカントリー尽くし。最後は全員でお客様も立ち上がっての大合唱。

前半イチオシはスケッチショー。曲調の違いもあってか、インパクトも演奏のかっこよさも抜けていました。女性人では畠山さんの歌が良かったです。個人的には片寄夫妻を見れたのがなんとなく満足感を上げてくれました。前半のバラバラ感をなんとなくまとめていた高野寛さんは大人の魅力。逆にどんな場でもキャラが立っていた竹中さんは別格でした。と羅列。

後半は細野ワールド。そのゆるいゆるいキャラクターとカントリーのリズミカルさが心地良い時間。身体が内側からずっと揺れ動く時間。日が暮れ蝉の声は止み、外の風が気持ちよく、空にはたくさんのヘリコプター。どんどん暗くなるにつれて空を眺めながら頭を空にして、身体を揺らしている素敵な時間。周りのお客さんが誰もスタンディングしないので静かにしていましたが、たってゆらゆらしていたかったなと。

ちなみに。たまたま指定席の場所が舞台と舞台裏の両方が見える席で別の楽しみがありました。始まる前から出演者たちが談笑しているのも見えましたし、終了した出演者たちが舞台を見るために出てきているのもよく見え、ダブルの観賞でした。

■公演内容
「細野晴臣と地球の仲間たち」〜空飛ぶ円盤飛来60周年・夏の音楽祭〜
出演/細野晴臣 高橋幸宏 坂本龍一 ヴァン・ダイク・パークス コーネリアス(小山田圭吾)
    カヒミ・カリィ 嶺川貴子 畠山美由紀 高野寛 口ロロ 小池光子
    林夕紀子 Bophana ヴァカボンド 片寄明人 ショコラ 高田蓮/竹中直人 
会場/日比谷野外大音楽堂
日時/2007年7月28日(土)18:00開演
料金/8,800円


posted by 奥田圭太 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。