2007年07月28日

詩のボクシング滋賀大会

またもや我らが徳本貴士君がやってくれます。バリュークリエイト京都オフィス常連の徳本君が面白い大会の本戦への出場が決まり、その報告に来てくれました。最近手伝ってくれた仕事(ゲーム?)のバイト料をお渡しし、そのあとは本戦に向けての相談を受けました。その大会とは・・・

第3回「詩のボクシング」滋賀大会 2007年8月5日(日)13:00開催

です。

詩のボクシングとは、ボクシングのリングに見立てた舞台上で2人の朗読ボクサーが自作の詩を全身を使って朗読し、どちらの言葉がより観客に届いたかを複数のジャッジが判定する「言葉のスポーツ」「言葉の格闘技」である。大会は、自分の言葉を声にする場。いざ戦いの場へ!とチラシにはあります。

私もテレビで何度か見たことはあったのですが、まさか自分の知人が出場することになるとは。テレビで見た感想ですが、言葉そのものの魅力、人が発する音・リズムとしての魅力、そしてその場の空気をつかむ力が問われる大会で、笑いあり涙ありの、観客はかなりのエンターテインメントとして楽しめるものです。生で観てみたいと思ってもいたのでこれが機会になれば。

徳本君の素案を見せてもらって、私の思う私なりの詩のボクシングのイメージとアドバイスはさせてもらいました。彼は擬人化や別のものに喩えることが得意なのだと思いますし、言葉はシンプルで心地よいです。といってもこれはただの言葉ではなく発する言葉なので、発することで本人の中から何が出てくるか、そして当日のライブ感が勝負だと思います。

優勝者は賞金と全国大会の出場権を手にするようです。出場者は予選を突破した16名。栄冠は誰の手に!

■イベント詳細
第3回「詩のボクシング」滋賀大会
http://cgi.shiga-bunshin.or.jp/souzoukan/event-syosai.php?number=1988
主催/財団法人滋賀県文化振興事業団
日時/2007年8月5日(日)13:00〜
会場/しが県民芸術創造館(南草津駅徒歩10分)
入場料/一般1,000円 高校生以下500円


posted by 奥田圭太 at 10:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白そう・・・。
Posted by @Taishi/ at 2007年07月30日 09:47
>@Taishi/さん
みんなで観に行きますか!?
Posted by けいた at 2007年08月02日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

グレープフルーツ・ジュース
Excerpt: 広島の現代美術館で、オノヨーコ展が開催された時に、売店で買いました。すべて命令形で書かれた詩と、33人の写真家とのコラボ。なぜ、命令形か?(彼女の作品を鑑賞して思ったんですが)それは受け手が作品にかか..
Weblog: 詩がいいと思う
Tracked: 2007-09-28 10:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。