2007年07月14日

起業塾なるものを始めてみた・・・

学生支援・起業家支援の一環として「起業塾」なるものを実験的に始めてみました。4月くらいから準備を始めて、協力していただける諸先輩方を訪ねに行脚して、ついに昨日第1回を開催しました。

起業塾といっても起業できるようになるのが目的ではなくて、一度自分を見つめなおす機会にしたいというのが私の想いです。「ベンチャー」って言葉を当たり前のように使っていますがその言葉の意味を聞かれてきちんと答えられますか?アントレプレナー精神って聞くけどちゃんと理解してますか?そんな知った気になっているものをきちんと勉強しなおしたい。それに加えていろいろな実際の経営者や起業経験者の知恵・経験談をお伝えいただこう。という生徒側のわがままだけで実現した企画です。

しっかりと物事のベースを理解して今の自分を理解したうえで、それから自分のキャリアを考える機会になれば最高です。足りないものに気づけばそれを課題設定すればいい。起業する前に就職すればいい。覚悟ができているなら堂々と起業すればいい。起業家のサポートに回るのもいい。大学院に行くのもいい。大企業、ベンチャー選べばいい。選択肢を広げる機会になればいいのです。このコースで人間的魅力にこだわって学んで就職できれば、就職先でも自分を持って仕事ができると確信に至りました。

今回は私も参加者、生徒の一人です。ベンチャーに就職してその企業が大企業になる過程を見られ、実際に大企業経営も経験され、同志社大学でベンチャー論を教えておられた方が講師を引き受けてくださいました。流石の一言で体系的にわかりやすく教えてくださいます。どんな質問にも向き合ってくださいます。たくさんの社長様がディスカッションに来てくださる予定です。様々な起業哲学・経営哲学に触れることができます。

秘かにやろうと思っていたのですが、昨日の第1回を受講してみて思いの外熱くなって来たのでこのブログで追っていこうと思います。ゼミ形式なので参加者は10名程度、隔週の夜間学校です。1期生はすでに満席です。昨日の評判が良かったので秋くらいには第2期を開始する気が高まりました。「ヒューマンビルト」に起業コースとして組み込んで運営してもらうつもりです。

ご興味をもたれた方は、第1期の見学と第2期の参加は私が受け付けます。第2期もゼミ形式でやりたいので10名程度限定です。早い者勝ち、か、応募多数の場合は面接導入になります。まずは第1期をしっかり卒業したいと思います。
posted by 奥田圭太 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

沖縄 就職 天国!
Excerpt: 就職は人生の一大事ですよね。沖縄の就職で面接時に聞かれる内容は要チェックです。旅行者気分で応えていると厳しい声が...
Weblog: 沖縄 就職 天国!
Tracked: 2007-07-14 14:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。