2007年06月28日

罪を忘れて人を憎む

「罪を憎んで人を憎まず」という諺があります。

罪(つみ)を憎(にく)んで人を憎まず
犯した罪は憎んで罰しても、罪を犯した人まで憎んではならない。「其(そ)の罪を憎んで其の人を憎まず」《「孔叢子」刑論から》罪は憎むべきであるが、その罪を犯した人は憎むべきではない。(出典:大辞泉)

ですが、溢れ出す情報の波に情報が過多になり、いつの間にか情報が定着しなくなってきました。情報が情報に消されていくような気がします。「天才脚本家(後藤ひろひと作)」という作品もあったのですが、情報は情報の上塗りによって風化されるようです。そのため私たちは単一の情報から物事を記号化するようになって来ました。よくあるのが一問一答です。思考のプロセスは省略され、単一の事柄は単一の答えに結び付けられます。何か悪いイメージがつくことをした人は「悪い人」となり、そのイメージを作った原因が何であるかは風化されてしまいます。そこには何故(WHY)が完全に欠落されます。

一度楽を覚えると元に戻るのは難しいことです。一度思考のプロセスを省略して短絡的に物事を考えてしまうと「考える」ということそのものが億劫になってしまいます。更にはすぐに答えを求めてしまって誤った判断を積み重ねていくことになってしまいます。物事はその場に全て捨て置かれていってしまいます。情報や思考や経験が層として積み重ならずに、いつまでもうすぺっらいものなってしまいます。

楽を覚えてしまってはいけない。物事は決して一面だけではない。そんな単純なとても難しいことが、情報の波に飲まれて、どんどん消え去っていないかとても心配です。物事を流してしまわないで欲しい。記号化するのではなく文章化して欲しい。その「考える」ということが物事に深みと味わい、人間の情緒を加えるのですから。
posted by 奥田圭太 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46147644

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。