2007年06月26日

一番に聞く喜び

やっている事業や立場によって「役得」というものがあったりします。今日はそれを実感するかのような濃密な時間を過ごせました。ある社長様の隣で、その社長様が頭の中でめぐりめぐり考えていたことをまとめていく過程をご一緒させていただいたのです。

そこにあるのは社長様の頭の中と一枚の紙だけです。社長様が独り言のように私に語りながら、紙に文字や図形を走らせます。それらは途中でやり直しになったり、私の補助で修正されたりしてどんどん変化しながら、加速的に輪郭をはっきりとさせてまとまっていきます。初めから答えがあるのでしょうが、それに辿り着く過程を社長様自身もまとめながら、今一度納得しながら進んでいきます。

「この人の思考回路はこうなっているのか!」

まさに思考の過程を耳で聞き目で見て体感することができるのです。しかもその出てきた副産物を最初に耳にし目にすることができるのです。結論を知ることをできてもその過程を知ることはあまりありません。結論を見ることはできてもそれを最初に触れることができるのは当事者ならではです。

思考に付き添いできる。これはまさに役得です。生に触れることができる。これはまさに役得です。最初に触れることができる。これはまさに役得です。

自分とは違う起業家の思考プロセスを疑似体験することができました。新しい価値観と視点を疑似体験することができました。こういう体験はエネルギーをかなり使いますが、本当に刺激的で一歩を踏み出す気持ちを支えてくれます。
posted by 奥田圭太 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。