2007年06月10日

「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」

蜷川さんができるだけ何もしないで、井上ひさしのホン(台詞・ト書き両面)と役者の演じ方を前面に押し出した快作。根底に流れる「切なさ・刹那さ」が講談回しの中でじわ〜と流れ続けています。実年齢とか関係なく演じてしまえるのも舞台の醍醐味でした。

井上ひさしさんのホンにひたすら感嘆しました。これだけの台詞をリズミカルにかつ緻密重厚に書ききるその筆圧に圧倒されました。文芸に詳しい人や批評家からすれば驚くほどいろいろなものが詰まっていることが分かるのでしょうが、素人の私にでも井上さんがものすごく勉強されていることだけは十二分に伝わりました。これだけのホンに触れられただけでかなりの満足感です。言葉がすごい、ト書きがすごい。

それを体現してくださったのが今回の役者陣。特に講談師の役回りでもある譲さんが根底に流れるどろっとした川をしっかりと支え、立ち回りでは段田さんが強烈なアクセントとなって古田さんを照らし続けていました。古田さんは相変わらず噛み噛みでなんとかならんのかとかこの役はもう少し痩せて欲しいとか思いつつも、休憩前の手抜き感から休憩後の貫禄と哀愁に移るその役者の勘どころのようなものはさすがです。後半の声はまさに古田さんの魅力そのもので悪役の迫力よりも背景にある切なさが滲み出ていました。

蜷川作品が好きな人にはいまいちな作品だったのではないでしょうか。逆に私のように蜷川演出が苦手な人間には好ましい作品だったように思います。よくぞ余計なことをしてくれなんだ蜷川さん。とすぐ近くの席で一緒に観劇されていてカーテンコールでは舞台に上られた蜷川さんをそんな目で見ていました。役者が良くて、蜷川さんが任せればいいものになる、そんな気がします。蜷川さんは環境づくりの演出家なんだな、と。逆に演出をきっちりつけなきゃいけない役者のときは出来上がりもひどいなと。

今回は場面転換が難しい作品をそのまま放置してしまったという点(そこに工夫がなく場面転換が見苦しかった点)とか不要にも感じる字幕においては演出はいまいちでしたが、それでもホンと役者が際立った、テンションはどろっと低めですが、じわじわと良さを感じるこの日でした。

■公演内容
「藪原検校 やぶはらけんぎょう 薮原検校」
作/井上ひさし
演出/蜷川幸雄
音楽/宇崎竜童
出演/古田新太 田中裕子 壌晴彦 段田安則 梅沢昌代 六平直政
    山本龍二 松田洋治 神保共子 景山仁美 
ギター/赤崎郁洋
会場/シアターBRAVA!
日時/2007年6月10日(日) 13:00開演
料金/11,550円


posted by 奥田圭太 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
藪原検校て、そうとう初期の本ですよね。青葉繁れるや、ブントふんのころに、本で読んでいいなあ、という記憶だけあります。盲の役。

 最近は、1万円を越すのですね? 福岡での「十二夜」も高いなあと、スルーしちゃいました。

 ここで、「めしい」「めくら」で日本語変換しないことが判明。ということは、検校の芝居で言葉が言い換えられているかもね。

(表現の自己規制は、ちっとも差別をなくすことにならない、隠すだけ。ブレヒトの「食肉市場のジャンヌダルク」「三文オペラ」なんて、言い換えだらけ。危ない本dから。千田さんも大変でしたね)。
Posted by 蓑田 植 at 2007年06月11日 07:23
>蓑田植さん
戯曲初期です。
蜷川さんはブランド料で高いのでしょうね。なのであまり行きません。

言葉はほとんどそのままでした。おかげで字幕が出たり解説あったりと・・・(^^;
どんどん豊かさを失っていく日本語です。
Posted by けいた at 2007年06月11日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

江戸に花咲く、悪の華
Excerpt: 大阪には劇場がないから、仕方ないのだろうが、 この劇場、ちょっとお客を馬鹿にしてないか!? 作 井上 ひさし 演出 蜷川 幸雄 音楽 宇崎 竜童 出演 古田 新太 田中 裕子 壤 晴彦 段田 ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-06-15 13:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。