2007年06月02日

社長なんて会えちゃったりするものなんです

昨日、とある東京の会社の社長様が私に会い来てくださいました。

実はこのお方の姿を初めて見たのは5月18日のこと。とある団体主催のセミナーが関西のとある大学で開かれたものを拝聴に行きました。そのときに壇上におられたのがこの社長様でした。講演内容ではなく取り組んでおられる内容でどうしても気になることがあって、帰宅後に意見をメールで社長様宛てに送らせていただきました。今思えばなんと生意気で不躾なことでしょう。しかし、そのメール内容に興味を持っていただいた社長様としばらくメール交換しているうちにとんとん拍子に「お会いしたく存じます」になり、社長様の京都出張に合わせてあっさりと実現してしまいました。

京都オフィスが開設準備中であったため、クライアント先の応接でお話させていただくこと1時間半。自信を持って意見交換をさせていただきました。この会社が近年の取り組まれていることとこれから取り組まれたいことにたくさんの意見をさせていただき、また多くのことを教わりました。今回はわざわざお越しいただいて本当にありがとうございました。京都オフィス近辺に来られることも多いようで定期的にお会いさせていただくことになりそうです。

思えば同じようなことを過去にもありましたし、一度や二度のことではありません。たとえば会社設立してすぐの頃のことです。ブログで振り返ると11月。
http://white-base.seesaa.net/article/9595682.html
あのときはこちらから会いに行きました。あのときも1ヶ月も経たないうちに会えてしまったものです。


posted by 奥田圭太 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。