2007年05月31日

パルコプロデュース「コンフィダント・絆」

三谷幸喜作品としては普通の作品。小芝居集と考えれば非常にウェルメイドであるが、全体を通すと物足りない感じ。

三谷作品の魅力は登場人物全てが同等に大切に扱われる点が上げられると思います。しかし、今回はそれが逆効果だったと思います。確かに全てのキャラクターを丁寧に描いており、それを演じる役者さんたちもそれぞれの個性が重ならず非常に面白い。特に今日に限って言えば中井貴一さんの新たな魅力と生瀬さんのすごさが目を見張りました。ですが、それぞれの話を順番に見せられただけで、肝腎のコンフィダントや芸術家の葛藤が薄まってしまいました。重いものを軽いタッチで描く三谷さんの良さが裏目に出たように思います。

あえて暗転や堀内さんの歌で区切るならば、そのパーツパーツはとても面白く、哀愁もありウェルメイド。長丁場であることも忘れさせてくれます。それでも何かが足りません。根底に流れるものが軽すぎたように思います。

三谷さんが登場するサービスもありと、三谷さんの魅力も役者さんの魅力もいっぱいに詰まったウェルメイド作品集。ただ三谷さんが挑戦したであろうテーマは、あまりにわかりやすく、軽く流れていってしまいました。

最後に作品とは関係ないですがあえて苦言。
平日にこれだけ埋まった劇場を見るのは清清しい。ですが、客の質が悪いのか、携帯電話のバイブが何度も振動する始末。そんな状態で見た芝居が最高なわけがありません。お客さんも一緒に芝居を作るのが舞台の醍醐味です。にもかかわらずお約束かのようなオールスタンディング。千秋楽といえばオールスタンディングという風潮がある昨今の芝居事情。オールスタンディングをするために劇場に足を運んでいるかのようです。いけ好かない。

■公演内容
パルコプロデュース「コンフィダント・絆」
作・演出/三谷幸喜
出演/中井貴一 寺脇康文 相島一之 堀内敬子 生瀬勝久
会場/シアターBRAVA!
日時/2007年5月31日(木) 14:00開演
料金/9,000円
posted by 奥田圭太 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43518557

この記事へのトラックバック

観劇「コンフィダント・絆」2回目大楽
Excerpt: 出演 中井貴一、寺脇康文、相島一之、堀内敬子、生瀬勝久. あらすじはパスね。 もう一度観たいと思っていたし、ちょうど芦屋のカリグラフィー教室と大楽の日程が重なったのをいいこ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-06-03 18:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。