2013年10月01日

物件との出逢い

その物件は突如として現れました。

私が懇意にしている社長様に行政に行ってきた感想を日常会話の中でしていました。私がやることにはなんでも親身になってくれる方でこのときも「そうか〜、面白いけど大変やなあ。大型の物件なんてどこにあるかなあ」と真面目に考えてくださりました。そのときはお互い不動産畑でもないので、ましてや古民家となればなおのことで雑談の域を出はしませんでした。

ところが数日後、突然その社長様から連絡が来ます。「すぐそこに大型の町家があるみたいで、売りに出るかもって聞いたで」と。灯台下暗しでしょうか、京都オフィスから本当にすぐの場所でした。外観を見ただけで私は運命を感じてしまいました。

しかし、このときはまだ、大型物件で何かできないかと考え始めたばかり。購入するには億単位の資金も必要ですし、借りるにしても改装費も莫大、そもそも借りて何をするよ!?という状態です。それでも運命を感じてしまったのです。市内の中心地ですから、売りに出てしまったら不動産業者が買ってマンションかホテルにでもなってしまうではないか。そんな危機感もあってすぐにTに連絡し、資金のことなど考えずにその物件を押さえるために動くことに決めました。

それから伝手を頼って不動産会社通じて物件の内覧をさせていただき、これまた偶然の伝手が表れて物件所有会社の代表者様に直接プレゼンさせていただく機会も得ました。ここからは縁故だけでどんどんとつながっていき、当初懸念していた問題も忘れてしまうくらいにその物件に吸い寄せられていきました。関わる人それぞれが運命を勝手に感じていたに違いありません。

私はこの物件を初めて内覧した日を今でもはっきり覚えています。2012年12月のことです。

表からは想像もつかない奥行。そして鬱蒼とはしていたものの立派な庭。ただまっすぐに伸びる小路。表から廊下を伝って庭に抜けるまでのその風が抜けていくのを肌で感じる1階。2階の和室から見下ろした岩戸山の風景。そのすべてが貴重であり愛おしいものでした。
posted by 奥田圭太 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | The terminal KYOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376286831

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。