2007年03月22日

同じことを話す人

いろいろ複雑な問題が自分の中でクリアになったとき、思い切った決断をこめて、人に対峙することがよくあります。そのときには自分の強い思い、新たな関係性、思い切った行動を相手に伝えることになります。だからこそ、そのときのディスカッションは当然白熱します。

ところが、ある尊敬する社長様と対峙するときはこの関係が不思議と変化します。ほとんどディスカッションが起こらないのです。

多くの場合、どちらかが一方的に話して終わります。私が意を決して行ってもただ聞くだけになるときもあります。ですが、その対峙の多くが大成功に終わります。お互いの気持ちがスッキリして終わるのです。

どうも決断に至るタイミングが似通っているようです。もちろんその会社様のことが中心になるのでお互いが設定している課題は共通であることが多いです。その中で「何ができるか」を常に考えています。そして、そこから何かに至る「ふとした瞬間」とそのとき決めた「覚悟」が同じであることが多いのです。

ですので「こう言おう」と思って対峙したことの多くが、ただどちらから発せられるかだけなのです。聞くときはこっちが言おうと思ったことを聞くだけで「そうそう」「そうしてもらえると助かる」なのです。

この方と話すと物事はとても加速します。あとは行動に移すだけになるからとても気持ちが良いものです。


posted by 奥田圭太 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。