2007年03月17日

岐阜市〜食事編〜

さて、続いて食事です。長良川といえば鵜飼です。鮎が名産です。マンホール(写真1)が鵜飼になっているくらいです。
マンホール.JPG

そんなわけで、昼食には(あとで知ったことですが)年中いつでも天然鮎が食せるという「川原町泉屋」さんに町並みを見歩いていて辿り着きました。注文したのは「春限定/氷魚ちらし寿司御膳」です。
前菜.JPG 鮎雑炊.JPG 氷魚ちらし.JPG
早速前菜(写真2)からいただきましたが、発酵させた鮎寿司にクギ煮、大豆にお野菜の炊いたものです。せっかくなので鮎雑炊(写真2)も少しいただきました。そして、メインの氷魚ちらしと鮎しんじょうのお吸い物(写真3)です。氷魚とは鮎の稚魚だそうです。このあとデザートもついてきておなかいっぱいでした。

そして、夕食。これまたボリュームたっぷりです。

夕食1.JPG 夕食2.JPG
お野菜の炊いたもの、氷魚の小鉢、蟹に、真鱈のお鍋、さらには鯛のお刺身(写真4)です。さらにさらに続きます(写真5)。大きい海老の塩焼きに長いもをお肉で巻いた揚げ物、ご飯にあさりの味噌汁、そして仕上げがイチゴです。

前日の夕食もものすごい量でした。この二日間、食べ過ぎです。




posted by 奥田圭太 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。