2006年12月25日

知らないことをさせてはいけない

まず隗より始めよ。ではないですが、誰かを指導あるいは育成しようというとき、やってはいけないことの一つが「自分が知らないことをやらせる」ということです。

人を育てるというのは本来おこがましいことで、できることといえば「叱ること」「褒めること」のただ二つだけです。その原点は「看る」と「評価する」です。そしてそのためには「わかっている」ということが大前提にあるのです。

わかっていなければどこを看ていいかもわからず、評価することもできないのです。まずは自分でやってみる、そしてそのことを知る、わかる、これが大前提です。そのことがどれくらいの困難さでどれくらいの時間を要しどの程度までやることが必要なのか、これらは自ら体験することでしかわかりえません。そして、それがわかった上で初めて、他人を看ることができ、その出来を評価することができるのです。頑張っていれば「褒め」、もっと頑張れるのであれば「叱る」というための「頑張っているかどうか」がわかるのです。そのことの質と量がわかっているからこそ「叱る」「褒める」という評価ができるのです。そして、それが「看られている」「評価がわかる」という裏返しとなり、モチベーションと育成になるのです。

わかる→看られる・評価できる→褒める・叱る→褒められる・叱られる→看られている・評価される→頑張れる・育つ

という構図です。

もちろん、これは育成だけに通じることではありません。物事の「効率」にもつながります。どれくらいの質と量かわかっているからこそ、自分でするのか他人にしてもらうのか、あるいはどの程度任せるのか、アウトソーシングするのか、つまりはどういう仕分けが一番効率的なのかを天秤にかけることができるのです。また「感謝」にもつながります。どれくらいの質と量かわかっているからこそ、他人にしてもらったときに感謝できるのです。
posted by 奥田圭太 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。