2006年12月25日

死の喪失

大切な人が亡くなるととても大きな喪失感を感じると思います。あるいは、大きな喪失感を感じてその人がいかに自分にとって大切であったかを感じると思います。

他人の死による喪失感は一体どこから生まれてくるのか。

その多くは「思い出の喪失」といえるのではないでしょうか。思い出の共有者が不在になるということは、その思い出の事実性を訴える方法がなくなるということ、つまりはその思い出自体が社会とのつながりを失い、完全に内省化されるということです。思い出が事実としての輪郭を失い、あたかも夢であったかのようになってしまうのです。

事実というものは一人では社会的に存立しえず、他者を介したり共有するなどの社会とつながるという形で存立します。その事実を自分ひとりしか知らないということは社会にとっては無いもの(夢)と変わらないのです。

自分の中の事実を他人と共有・確認することで確かめ合うことができる。そのときに自分がいたという証がそこに生まれる。その確かめ合う相手を失った事実は自分の中でだけ宙ぶらりんに浮遊している。行き場を失った所在なさげな事実、それは大きな喪失感に違いないでしょう。

他人の死による喪失感のほとんどは、こういった自分の中の自分の何かが喪失することにあると思われます。「その人との何か」という自分の中の何かが喪失することです。故に大切さとは、その人と共有している事実の質・量に比例するのかもしれません。そして、だからこそ人は大切な人と秘密を共有したがるのかもしれません。
posted by 奥田圭太 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。