2006年11月30日

チャージアップ

バリュークリエイトは顧客開拓の新規営業はほとんどしませんし、見積もりを提出することもまずもってありません。ほとんどがお客様や友人・知人からご紹介を頂いてお取引を始めさせていただきますし、取引価格も単価・算出根拠はほとんど定まっておらず、お客様が見出した「価値」に対してお客様に算出していただき、ご提示いただいております。

取引価格よりもお客様との信頼関係やなによりも「おもしろさ」を優先して取引を行っているのが現状です。

つまるところ、私たちとの取引価格を決めるのは原則お客様です。

そこからお取引が始まり、単価や取引価格が上がるとき、それはまた格別な喜びがあります。今週、あるお客様より単価の見直し(大幅な価格UP)のご提案をいただきました。このお客様とはこのタイミングで一度見直し(UPとは限らずdownもありうる)をするというお約束ではありましたが、その約束のタイミングでUPしていただくことが決まりました。

これはバリュークリエイトに当初期待していた以上の「価値」があったと認められたのだと素直に喜んでおります。取引開始時では期待値に過ぎず、実態価値とは無関係に価格が算出されることのほうが多いわけです。ですが、取引中に価格が見直され、UPされるということは当初の期待を上回ったという確信が得ることができ、取引開始以上に喜びを感じることができるのです。

バリュークリエイトのご提案するものは実感していただく以外ご納得いただくのが難しいものがほとんどです。だからこそご実感いただき、またそれを価値として認めていただくことは何よりも嬉しいことです。

取引価格上昇見直し(あるいは取引価格発生)は、バリュークリエイトとして価値を認めていただいた最大の喜びと、今まで以上に期待されているのだという極めてありがたいプレッシャーのつまった、最高のご評価の一つです。
posted by 奥田圭太 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28599691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。