2006年09月23日

離れて気づくこともある・・・

最近、ある企業様の取引関係もあって、銀行の方と話す機会が増えています。ご存知の方も多いですが、私は元都市銀行員です。

振込のちょっとイレギュラーなものの相談だったり、融資の金利の問合せであったり、変わった融資形式の問合せであったり・・・。もちろん銀行は護送船団方式といわれサービスに差はあまりないように思われていますが、それでも考え方や事務手続きやプロダクトには多少の差があります。違う銀行の方と話すのはそういう意味で銀行員時代でも楽しいことでした。

さて、今日お話ししたいのは別のことです。

その職業を離れたことで不思議なことが今起こっているというお話です。

その職業に就いているとき、どうしてもその職業的な考え方になりがちです。よく言っていることですが「常識」が勝手に作られるのです。そうなると理屈ではなく「ダメ」とかになってしまいがちです。

ですが、今の私は驚くほど冴えています(笑)その職業を離れたからこそ冴えているのです。もちろん経験者ですから仕組み・理論を理解しています。それが本当の意味で活かされているのです。

固定概念を捨てて、そもそもの仕組み・理論から考えて発想できているのです。そうするとイレギュラーなものがどうイレギュラーで、どうすればイレギュラーでなくなるかが見えてくるのです。イレギュラーなものをイレギュラーで終らせるのではなく、その中身(仕組み・理論)に目がいくのです。

そうなると本当に強いです。
私には初めての融資条件であったり融資形式であっても、担当者さんよりも理解ができるのです。担当者さんが「常識」として発しても、理論的に考えたときに間違えている、とわかるのです。そして、ほとんどの場合、私のほうが正しくて、担当者さんのプロダクト・手続きへの理解不足だったりするのです。一方で私も銀行員時代はそうだったのかもしれないと反省しています。本当のプロというものは、仕組み・理論を理解しているのは当然で、それをお客様の為に応用する能力なのだと改めて感じています。

慣れというものは恐ろしいもので、背景(理論)を考えることを忘れがちです。わかった気になりがち、そしてわかった気でいてもさほど支障がないのです。また背景(理論)がわかっていても、検証をしなかったりします。物事の理解を「決め付けられた」結論・答えから入るからです。

一歩引いて物事を見てみたとき、理論から考えてみたとき、ふと見えてくる世界があります。物事の本当の姿が見えてきたり、可能性が一気に広がるのです。それが応用力なのでしょう。

物事の理解は一問一答形式では出てきません。理があって過程があって辿り着くのです。そして、その過程にはあらゆる可能性が潜んでいるのです。
posted by 奥田圭太 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24303587

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。