2009年10月26日

「だから、答えを教えてください」

最近よく耳にする言葉です。後輩や就職活動生の口から出る言葉や行動からそういった姿勢をしみじみと感じます。すぐ答えにたどり着きたいんだろうな、考える時間がないんだろうな、と痛々しくも感じます。

算数や知識のように一問一答形式で唯一無二の答えにたどり着けるものを教えることは簡単です。答えが複数あるものや一概に答えは決められないものであっても、主観を交えてで良いのであれば、教えることは簡単です。

だからこそ、教えるかどうかの判断基準を大切にしています。それはその言葉を口にした人間の姿勢です。ただ答えが欲しいだけであったり、考える過程を放棄したい人間には教えようとは思いません。自分なりの答えにたどり着いた人間が確認のために聞いてくるものには教えます。「自分としては考えた結果こうだと思うんですけど合ってますか?(どう思いますか?)」。主体者が自分になっているかです。

教えられた答えはすぐに忘れます。ですが、導き出した答えは忘れません。

数学で公式をたくさん覚えさせられました。その公式に至る過程や公式の背景を理解していれば忘れませんが、単なる文字情報として覚えたものはすぐに忘れてしまいますし、また全く応用が利きません。

大切なのは答えを知ることではなく、答えにたどり着くまでの紆余曲折の中でその問題が自分のものになることです。

セミナー講師などをやったりしていると、きっかけ作りでは不満の声が多く聞かれます。映画でもわかりやすい結末でないとわからない映画だったとなります。答えが欲しくて足を運んでいる人があまりにも多いのです。答えは、きっかけとなるセミナーやそういったもののあとの「自分自身の行動」の中にあるのです。

わかりやすい答え(How to、テクニック)だけを教えてもらって、その瞬間だけモチベーションが上るけど翌日には何も実践されてないといったことをよくよく目にします。それは他人の答えがゴールになっていて自分の答えになっていないからでしょう。

教えられた答えがあるならば、その背景やプロセスを理解し、自分でも導き出せる答えにしよう。きっかけをもらったならばそれを自分に照らして考え悩み、自分の答えを導き出そう。

答えは「あなたの答え」なのです。
posted by 奥田圭太 at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふらふらと迷うこと、を愉しめないのでしょうね。また、別の場面では、代替案検討(MUST、WANT、シリアスさ、緊急度、必要十分性)を右往左往することもしない。損な世代だなあと、思います。ドイツの思想家ヴァルターベンヤミンに面白い言葉があって、パリの道を迷路としてさまよう(フラヌール)ことが面白い、「本と女はベッドに連れ込める」、こういう感性を大切にしたいね。
Posted by mino at 2009年10月26日 15:43
激しく同意いたします。
自分なりに苦労して答えを見つけることが、
仕事や人生の醍醐味だと思いますし、
それを楽しめるようになったときに、
仕事も人生も楽しくなりますよねー。
Posted by まめってぃ at 2009年10月29日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131207112

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。