2008年08月16日

いつの間にやらみんな結婚

盆・正月と言えば地元での飲み会です。幼馴染を含む地元の同世代がこの時期に各地から帰ってきて、地元にいる人間もこの機会にゆっくりと、集まって食事とお風呂を共にするのです。

6人メンバーでだいたい4、5人で毎回開催されているのですが、また一人、結婚を宣言しました。これで彼が旅立てば、6人中3人が既婚者になってしまいます。どちらかというと「誰も結婚できないだろうな」という相互意見の下に集いし男性6人組。それが皆30歳を超えて、いつの間にやら半分です。

田舎町から飛び出し、今でも地元民と言えるのは私を含めて二人。エリア的にも散り散りになり、集まるのは難しくなるねと言い合った中でなんだかんだと続いてきたこの集い。次は、みんな結婚して、盆・正月と言えども一人と言うわけではなく、ますます集まるのは難しくなるね、と思いよるわけです。そうはいっても、なんだかんだいっても、集まるんだな、このメンバーは、とも思いよるわけです。

何かわからないけれど何かを共有してきたメンバーというのは、あるいはいつの間にやらついた習慣というのは、非常に強固なものです。

昨年のように、奥様も同席で集い、と向かっていくのか、やっぱり銭湯があるんだし男だけだろー、になっていくのか。続けばそれでいいではないか、と私は思っています。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105503109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。