2008年08月05日

自分が必要としたときにこそ

バリュークリエイトにインターンシップ希望で訪れてくる学生さんが毎年少なからずおられます。そんな方々にいつもお尋ねすることがあります。

「何をしに来るのか?」

ただその一点です。多くの場合、ここが漠然としていて掘り下げていくカウンセリングが必要となります。つまり、経験だとか成長だとか定義も自己認識も曖昧なもので「インターンシップのためにインターンシップに来る」ケースが多すぎるのです。

多くの学問と同じように、自らが本気で必要としたり、自ら得ようとしなければ、インターンシップを通したところで何も身になりません。そこに必要なのは与えられたものを吸収する力ではなく、自発的に目的を持って獲得する力なのです。

インターンシップをしたいのであれば、それに対して自らが計画を立てられるはずです。何をしたいのか、何を得たいのか、何のためにインターンシップという手段を選んだのか。インターンシップはあくまでも手段であり、目的・目標があってこその行動・手段なのです。

インターンシップは近年、非常に敷居も下って容易に参加できるようになりました。それは逆に安直にただ参加してしまうという弊害も生んでいます。何度も言うようですが、いくら就業体験だといってもただ行くだけであれば、授業にただ出るだけと同じなのです。

インターンシップは一つの手段です。その手段を必要としたとき、目的を持って取り組めば、とてつもなく得るものが大きいものです。だからこそ、しっかりと具体的な目的・目標を持って、自発的に挑むべきです。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。