2008年08月01日

ROCK IN JAPAN FES.2008 1日目

水戸からほとんど待たされることもなくバスで移動。今流行ってしまっている不穏な書き込みのせいで開場時間早まるは、手荷物検査はあるはで混乱するかと思いきや、素晴らしいスタッフワークでストレスゼロで入場。

初日は気持ちのいい陽射し。とにかくオープニングトークが聞きたくてかなり早くからGRASS STAGEで待ち続け。この高揚はフェスならでは。どこのフェスでもこのわくわくがたまらない。水分補給も移動もうまくいって、目当てのバーガーも食べられて、順調すぎるほど順調すぎた初日。

サンボマスター
既見。しょっぱなで煽る気満々。徐々に徐々に人だかりが増えていくのを背中で感じながら、ほどよく汗をかきながら、失礼ながらウォーミングアップ。最後の山口さんのアカペラが妙に心を打った。

木村カエラ
既見。ワンマンのときと髪型も衣装もすごく変わっていて驚き。パワフルさは相変わらず。端から端まで走り回って。それにやっぱりあれだけの人がいっせいにタオルを振り回すのは気持ちが良い。映像で見たらどんなんだろう。

ザ50回転ズ
既見。どうしても見たかった。昨年衝撃を受けてすごく楽しみにしていた。全く変わってないけど、登場から最後まで自分たちの演じる世界観が確立していて清清しい。ロックなのに、汚い感じの人たちなのに、清清しい。

YUI
既聴。初見。驚くほどの人だかり。小さなFORESTでは不満と言わんばかりの人の集まりに会場のテンションは一気に上る。残念なのは驚くほどの音響セットの悪さ。歌声もなにも、ハウリングと出力の不安定に台無し。

スピッツ
既聴。初見。大観衆押し寄せる中、自分たちのペースでゆるやかにさわやかに。どこに行ってもスピッツはスピッツですと言わんばかり。夕方に向かう中、綺麗な演奏と突き抜けるようなまっすぐな草野さんの声。この時間だけ別の世界にいるようでした。スピッツ風が確かにそこには吹いていました。

BUMP OF CHICKEN
既見。大観衆と名曲ラインナップ。歌は相変わらずうまくなっていなかった。演出は凝られていて、陽が陰る中、照明が印象に残る。それにしても人気がすごい。

ホフディラン
既見。移動中に懐かしくて、ふらりと立ち寄って数曲。何も変わらないおもちゃのような可愛らしいおっさん二人がそこにいた。誰がなんと言おうが可愛いよ。

POLYSICS
既見。自分の原点を思い出す。ライブハウスで汗だくになるのを覚えた大学生のとき、時を同じくして同世代の彼らが現れた。やっぱり同じ時間を生きるというのはこういうことなんだな、この汗が幸せだと、時を感じなから時を忘れた至福の時間。どんどん人が押し寄せてきたのも印象的。近年POLYベストパフォーマンス。

■公演内容
ROCK IN JAPAN FES.2008(ロッキンジャパン2008)1日目
http://www.ro69.jp/fesinfo/rijfes08/quick/0801/index.html
出演/175R AIR HY cutman-booche 木村カエラ GOOD4NOTHING GLORY HILL GO!GO!7188 ザ50回転ズ サンボマスター the chef cooks me ジン ストレイテナー スネオヘアー スパルタローカルズ スピッツ 曽我部恵一BAND TRICERATOPS the band apart BUMP OF CHICKEN B-DASH FoZZtone ホフディラン POLYSICS MASS OF THE FERMENTING DREGS YUI UNISON SQUARE GARDEN LUNKHEAD LITTLE RYUKYUDISKO 岡田義徳a.k..a.DJ4th ダイノジ RAM RIDER 片平実 保坂壮彦 前田博章
会場/茨城県国営ひたち海浜公園
日時/2008年8月1日(金)7:00開場
料金/3日通し券 27,000円
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。